足元を見つめつつ遠くを見る必要がある?

こんにちは、munejyukaです。

自分の行動についてですが、足元を見つめることはとても大事です。
転ばないように足元をしっかり確認して前へすすむ必要があります。

ただ、足元ばかりを見ていると、遠くが見えず目的地を確認することができません。

ですので遠くを見る必要もあります。このバランスが大事だと思います。

遠くを見る必要性とは?

1日1日を大事にすることがとても大切です。
目先のことに対して精一杯努力することが積み重ねとなってくるのですから。

一足飛びで前へすすむよりも日々の積み重ねですすんでいく方が確実です。
仮に、上手くいかなかったとしても、それまでに取り組んできた内容は自分の財産となりますので全く無意味になることはありません。

この日々の努力にプラスとして最終目標というのが必要だと思います。
少し先(1ヶ月後レベル)や1年後、あるいは5年後、10年後といったところでしょうか。

最終的に自分が到達すべき目的地を決めておくのは悪くないことだと思います。

 

ただし、自分の目標に固執し続けるのも…

それでもですよ、誰でも彼でも5年後、10年後にどうなっていたいかなんて決めれませんよね。
社会情勢もこれからの5年後、10年後なんてどうなっているのかなんて、誰にもわからないわけですし。

そう考えると、今、自分が興味があることをを精一杯やって、その中から自分に合ったもの、気に入ったものを見つけ出していくというのが、いちばんいいのかなと思います。

そうではなく、自分に全く興味がないことを無理矢理やっても、結局は長続きしないし、発展しないでしょうしね。

お互いに、頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください