2021中国道のリニューアル工事が始まりました!2日目の周辺道路の状況は?

こんにちは、munejyukaです。

2021年5月19日から始まった、中国道のリニューアル工事。

兵庫~大阪間で通行止めと車線規制が実施されています。

2日目の周辺道路の状況はどうだったのでしょうか?確認しておきたいと思います。

 

 

2日目の出勤時間帯の道路状況は?

2日目の朝の出勤時間帯ですが、周辺道路の状況はどうだったかというと、

そこまでひどい大渋滞は発生していない

もちろん朝の出勤時間帯なので、それなりに渋滞があったのはあったのですが、この通行止めと車線規制の影響で大渋滞が発生しているところはありませんでした。

阪神高速の東大阪線、池田線等で渋滞は発生していましたが、これは工事前からいつも渋滞している路線です。
全く関係がないとは言えませんが。

 

 

午後と夕方の道路状況は?

午後で目立った渋滞は、

・12時過ぎに第二京阪道路に向かう近畿道、門真ジャンクションで2キロ渋滞

・18時前に新名神高速道路の猪渕トンネル出口付近で4キロ

となっていました。

昼の第二京阪道路に向かうところは、いつもだと西から近畿道を通って、第二京阪に入るルートのところを、阪神高速の東大阪線から近畿道を通って第二京阪へ入るルートの車が集中したのかなと思われます。

 

夕方の新名神高速道路の渋滞は、この区間で道路舗装工事が行われていて、車線規制をしておられました。
この工事と、中国道から迂回してきた車が集中して渋滞が発生したのではないかと予想されます。

新名神で渋滞が発生するのは珍しいので、今回の中国道の通行止めと関連しているといっていいのではないでしょうか。

 

まとめ

中国道のリニューアル工事の通行止めと車線規制が実施された2日目。周辺道路はそこまでひどい渋滞が発生しているということはありませんでした。

 

明日は工事が始まってから最初の土、日となります。

また違った状況になるかもしれませんので、注意が必要ですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください