「まん延防止等重点措置」が発令されると聖火ランナーを中止に?この状況ではしかたないか??

こんにちは、munejyukaです。

2021年4月5日から「まん延防止等重点措置」が適用されそうです。

地域は宮城県、大阪府、兵庫県の3府県のうち、仙台市、大阪市、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市となるとのことです。

いったどのような措置がなされるのでしょうか?

 

 

飲食店の営業は20時まで

いちばん私たちに直結する影響としては、飲食店の営業を20時までにしましょうという要請が政府から出されることでしょうか。

飲食店を経営しておられるかたからすると、また短縮しないといけないのか!となっておられるところも多いのかもしれません。

特に個人経営のお店だとよりその傾向が強いように思われます。

大人数で集まり、お酒が入ってくると大声で話したり笑ったりで感染する可能性が高くなるとの見解なのでしょう。

 

大規模イベントは入場上限を5000人に

また、大規模イベントの入場者数を制限するということも考えられます。

コンサートやスポーツイベントなどが対象となると思われます。

プロ野球でいうと、京セラドームや甲子園でしょうか。

京セラドームは大阪市、甲子園球場は西宮市にありますので、今回の対象地域内です。

選抜高校野球も終わり、阪神タイガースが甲子園で試合をする予定となっていますが、一般販売はまだ開始されていません。

今年も1試合くらいは見に行こうと思っているのですが、実現するのでしょうか…

 

 

まとめ

その他にもいくつか内容があるようですが、この辺でやめておきます。

あれこれ書いていると気が落ち込みそうなので。

ワクチンの接種も少しずつ始まっていますので、なんとか収束していって欲しいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください