【NFL】2021 NFLのプレーオフの仕組みをまとめておきました!

こんにちは、munejyukaです。

いよいよ始まります、2020-2021シーズンのNFLプレーオフ。
楽しみですね。

今回は、NFLのプレーオフの仕組みを解説したいと思います。
基本的にはトーナメントですが、対戦相手が試合ごとに決まる、特殊な仕組みがありますので。

各カンファレンスの第一シードはアドバンテージあり

まず最初は、各カンファレンスのレギュラーシーズンの最高勝率のチームにはアドバンテージが与えられます。

それは何かというと、

・初戦は試合免除

・勝ち進むたびにホームで試合が出来る

というものです。

体力と知力を使うアメリカンフットボールにおいて、1試合の免除はレギュラーシーズンの体力を回復させるのにかなりのアドバンテージがあります。

しかもそのあいだに対戦相手の分析(スカウティング)ができるのですから。

ですので、プレーオフを有利にすすめたいチームはレギュラーシーズンを必死で戦うことになります。

対戦相手は勝率の高いチームが有利になるように仕組まれている

では、対戦相手はどのように決まるのでしょうか。今年のNFCを例に説明します。

今年のNFCのプレーオフ出場チームは以下の7チームです。

パッカーズ
セインツ
シーホークス
ワシントン
バッカニアーズ
ラムズ
ベアーズ

トーナメント1回戦は、

セインツベアーズ

シーホークスラムズ

ワシントンバッカニアーズ

となります。パッカーズは最高勝率なので試合が免除です。

セインツシーホークスワシントンが地区優勝しているので初戦はホームで試合ができます。

対戦相手は地区優勝チームで一番勝率が高いセインツが、プレーオフ出場チームの中で一番勝率が低いベアーズとの対戦となります。
同じように、二番目に勝率が高いシーホークスが二番目に低いラムズとの対戦になります。

ですので、レギュラーシーズンの成績が高いほど、有利な条件で試合ができるというシステムとなっています。

※今シーズンは、ワシントンが地区優勝していますが、バッカニアーズの方が勝率は高いんですよね。これも面白いところです。

 

 

次戦も勝率の高いチームが低いチームと対戦するシステム

次戦も同じようにレギュラーシーズンの勝率を踏まえたうえで、対戦相手が決まります。

パッカーズはホームで試合をする

パッカーズの相手は、1回戦を勝ち上がった3チームの中で最低勝率のチームと対戦

・残りの2チームは勝率の高い方のホームで試合ができる

という内容です。

例えばですが、1回戦をベアーズラムズバッカニアーズが勝ったとすると、パッカーズベアーズバッカニアーズラムズとなります。

 

 

次戦は各カンファレンス・チャンピオンシップ!からのスーパーボウルへと続く!

 

この2試合を勝ち上がったチームがカンファレンスのチャンピオンを決める試合に挑みます。

これを勝ち上がったチームがAFCのチャンピオンとスーパーボウルで戦います!

初めてこのプレーオフの対戦相手を決めるシステムを見たら複雑に思えるかもしれません。同じような例がないからでしょう。

サッカーの昇格プレーオフで順位上位チームと下位チームが対戦するのと似ているのかもしれませんね。

 

今回はプレーオフの対戦相手を決める仕組みについて解説しました。
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

※シカゴの本拠地、ソルジャーフィールドに行ったことがあるので、シカゴベアーズが好きです。今シーズンは滑り込みに近いかたちでプレーオフ進出です。下剋上を祈願しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください