20-21チャンピオンズリーグ決勝戦はトルコからポルトガルへ変更!イングランドは自国開催ならず!!

こんにちは、munejyukaです。

新型コロナウイルスの影響の影響はさまざまなところに出ていますが、サッカー界も例外ではありません。

今シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦も当初の開催地予定であったトルコから、ポルトガルに変更になりました。

これで2年連続で決勝戦の開催地が変更になりました。

 

 

イングランド勢の対決で、母国開催ならず

決勝戦のカードは、マンチェスターシティ対チェルシーで、イングランド勢対決となりました。

元々はトルコで決勝戦を戦う予定でした。

ところが、イギリス政府がトルコへの渡航が危険だというアナウンスを出したため、開催地を変更するという議論が出てきていました。

同じ国同士のチームの対戦なので、そこでやりましょうと考えるのは普通のことですし、ファンも喜ぶのではないかということです。
同じ国同士の決勝戦なんかなかなかありませんからね。

ところが、イギリス政府は、チャンピオンズリーグの関係者がイギリスに入国することに対して難色を示しました。

さまざまな国籍を有するチャンピオンズリーグの関係者がイギリスに入国することに対してNOを突き付けたというかたちです。

入国の際、10日間の隔離に対する規定を取り下げることはしませんとのことで、チャンピオンズリーグ運営側は断念したということです。

 

 

決勝戦の開催地はポルトガル!

そこで、開催地として浮上してきたのがポルトガルです。

去年もトルコからポルトガルへ変更になったので、これで2年連続でポルトガルで開催されるということになります。

場所は、ポルトのホームスタジアム、エスタディオ・ド・ドラガンです。

ポルトガルの人たちは喜んでおられることでしょう!
近くで試合が開催されるとなったら、観戦に行けるチャンスが増えるんですから!!

 

まとめ

20-21シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦の開催地はトルコからポルトガルへ変更となりました。

当初はイングランド勢の試合なので自国開催がいいのではないかと検討されていましたが、最終的にポルトガルでの開催となりました。

トルコの人は2年連続で残念、イギリスの人も残念、ポルトガルの人は歓喜!

といったところでしょうか?

試合は2021年5月29日です。

開催地が決まったので、あとは試合を楽しみに待ちたいと思います!!

 

最後まで読んでいただきまして、有難うございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください