半導体とは?名前は聞いたことがあるけど、実際にはどういうものなのか?

こんにちは、munejyukaです。

半導体という名前は皆さん聞いたことはあると思います。

日常会話で、半導体ってなに?ってなったときに、どう説明すればいいでしょうか?

最低限、知っておいたほうがいいなと思ったので、調べました。

 

 

そもそも半導体とは?

半導体というのはそもそも、

半導体集積回路

というのが正式な名前です。

しかも、半導体集積回路の本質は、「集積回路」に方にあります。

この半導体集積回路は、パソコンやスマホ、液晶テレビだけではなく、冷蔵庫や自動車にまで使われています。

もう我々の生活にはなくてはならないものとなっています。

 

 

半導体は何で出来ている?材料は?

では、半導体は何で出来ているのでしょうか?

材料は、

シリコン

がよく使われています。

他にもいろいろありますが、ここではシリコンが多いですよ!でとどめておきます。

 

 

なにが、”半”導体なのか?

次に気になることとして、何が、”半”導体なのでしょうか?

電気を通すのが導体です。

導体には、鉄や銅、不導体(絶縁体)はガラスやゴムがあります。

そのあいだに存在するのが、”半”導体です。

人為的に電子を制御して、電気を通したり通さなかったりできるので、

”半”導体

と呼ばれています。

かなりはしょっていますが、これくらいの感覚で問題ないと思います。

 

まとめ

・半導体の正式名称は、半導体集積回路

・パソコンやスマホだけでなく、冷蔵庫や自動車にも使われている

・半導体の主な材料はシリコン

・人為的に電子を制御して、電気を通したり通さなかったりすることができる

 

半導体について調べれば調べるほど、奥が深いというか専門的になってきます。

今回は、最低限の知識として知っておいたほうがいいと思う内容を書きました。

これからも半導体の需要は右肩上がりになると言われています。

今後の半導体関連のニュースにも注目していきたいなと思います!

 

※半導体の本もたくさん売られています。休みの日にゆっくり読んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください