CSVファイルとは何?エクセルとの違いは?全くご存知ない方への解説

こんにちは、munejyukaです。

パソコンを使って仕事をしていると、時々かかわってくるものに、

CSVファイル

というものがあります。

これはいったいどういうものなのでしょうか。

エクセルとは違いはなんなのでしょうか?
私も知らなかったので、少しだけ調べてみました。

 

CSVとは?

まず最初に、CSVは何の略かを書いておきたいと思います。

CSVは、

Comma Separated Value

の頭文字を取った略語とのことです。

日本語に訳すと、

データをカンマ(” , “)で区切った値

というところでしょうか。

主にこのCSVファイルは、アプリケーション間でデータをやり取りする際に使われます。

CSV形式で保存されたファイルを「CSVファイル」と呼んでいます。

 

 

エクセルとは違う?

結論からいうと、エクセルとは違うようです。

エクセルとは違うのですが、CSV形式で保存されたファイルは、エクセルで開いて編集ができます。

ですので、エクセルと同じと感じてしまうのでしょう。

私も何度かエクセルでCSVファイルを開いてみたことがありますが、タブの横幅の寸法が合っていなかったくらいで、あとは普通に見れた記憶があります。

これで納得です。

 

まとめ

CSVファイルはエクセルで見れますし、かつエクセルで作成した表をCSVファイルで保存することも可能です。

最初の知識としては、

CSVファイルとエクセルは互換性がある

ということを理解しておけばいいのではないでしょうか。

CSVファイルはエクセルだけでなく、様々なところで使われているようです。

色々なデータベースへの取り込みや、プログラムでCSVファイルのデータを加工したり出来るとのことです。

ですので、CSVファイルに触れる機会はこれからもあると思われます。

普段、あまり使うこともないものかもしれませんが、拒否反応を起こすのではなく、上手く活用していけたらいいなと思います。

お互いに、頑張りましょう!!

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください