2021年8月22日 日曜日の朝 近畿地方の高速道路の渋滞情報 いつもの”あの”区間は?

こんにちは、munejyukaです。

2021年8月22日の日曜日です。

近畿地方の小学校、中学校では、来週から学校が始まるところもあるかと思いますので、夏休み最後の週末という方も多いのではないでしょうか?

そんな2021年8月22日、日曜日の近畿地方の高速道路の状況を確認しました。

 

 

2021年8月22日、日曜日の朝、近畿地方の高速道路の状況は?

2021年8月22日、日曜日の朝7時過ぎ、近畿地方の高速道路の状況は、

 

渋滞無し

 

でした。

この時期はいつも渋滞している湯浅御坊道路の下りも、平日も休日も関係なく渋滞している阪神高速3号神戸線の西行きも渋滞していませんでした。

阪神高速3号神戸線の西行きはこれから渋滞になる可能性は高いですが…

 

 

渋滞が少ない要因は?

海水浴はお盆までというところも多いですが、渋滞は例年と比べて少ないのかなと思います。

考えられる要因は2つあると思います。

 

・新型コロナウイルスの影響

 

・天気が雨

 

新型コロナウイルスの影響は今更説明することはないと思います。
人の移動を制限するという意味合いででしょうか、高速道路の休日割引適用なしの期間が続いています。

一昨日、休日割引なしの措置が2021年9月12日まで延長されることが決まりました。

 

併せて、先週から雨が続いています。

例年のような真夏の感じがありません。昨日の大阪府南部の最高気温が23度でした。

気温はともかく、雨だとお出掛けを制限されるという方が多いのではないでしょうか?

 

 

まとめ

・2021年8月22日、日曜日の朝7時過ぎの近畿地方の高速道路は渋滞はなし

・新型コロナウイルスの影響でお出掛けを制限されておられる方が多いと思われる

・天気が雨または曇りの予報で、実際にその通りになっているのも影響しているかも¥

 

とにもかくにも新型コロナウイルスの影響でしょうか。

人工の多い地域だけでなく、その他の地域も感染者が増加しています。

 

出来る限りの対策はしたいなと思います。

 

早期の新型コロナウイルスの収束を願うばかりです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください