GXとは?なんの略語?意味は?全く知らなかったのでしらべてみました!

こんにちは、munejyukaです。

先日記事を読んでいると、

GX

という用語が出てきました。

前後の文面から、環境に関する用語なんだなと想像はできたのですが、意味を全く知らなかったので調べてみました。

 

 

GXは略語?

GXとは、しらべてみると、

 

グリーントランスフォーメーション(Green Transformation)

 

の略語でした。

デジタルトランスフォーメーションのDXと同様の略称ですね。

GTではなく、”GX”なんですよね…

パッと見わかりませんやん!って感じです。

 

 

 

GXの意味は?

GXの意味は、以下になります。

 

温室効果ガスを発生させないグリーンエネルギーに転換することで、産業構造や社会経済を変革し、成長につなげること

 

このGX(グリーントランスフォーメーション)の背景にあるのが、地球温暖化への対策の、

カーボンニュートラル

があるとのことです。

 

カーボンニュートラルは世界的な動きで、日本でも”2050 カーボンニュートラル(脱炭素社会)”を宣言されています。

 

このカーボンニュートラルと連携して、経済と環境が好循環するような取り組みのことを

 

グリーントランスフォーメーション

 

と呼んでいるようです。

 

 

 

GX関連の会社がこれから”くる”?

世界中で国をあげて取り組んでいる環境問題。

地球温暖化を防いだり、再生可能なエネルギーを作り出すといったようなことに取り組んでいる会社がこれから伸びてくるのではないかと言われています。

 

ただ単に脱炭素に取り組んでも、赤字の垂れ流しではどこの企業も手をつけようとはしません。

上手くプラスになるように仕向けていかないといけません。

 

その概念こそが、今回の

GX(グリーントランスフォーメーション)

なんです!

 

これからどうなって私たちの生活に表れてくるのでしょうか?

注目していきたいなと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください