【サッカー】予想はよそう!2021年に開催されるEURO2020が6月12日に開幕!

こんにちは、munejyukaです。

去年に実施される予定だったサッカーのヨーロッパ選手権。

新型コロナウイルスの影響で、1年延期となり、6月12日の開幕が近付いてきました。

せっかくなので?優勝国を予想しておきたいと思います!

 

 

出場国は24ヶ国

EURO2020の本戦に出場するのは24ヶ国です。

各グループに4ヶ国ずつ振り分けて予選リーグを戦います。

 

予選リーグの上位2ヶ国と、3位の成績上位4チームが決勝トーナメントに進出します。
全部で16ヶ国ですね。

16ヶ国がトーナメントの1発勝負を戦い、勝ち抜いた2チームが7月12日の決勝戦に挑みます。

 

開幕から決勝戦まで約1ヶ月です。かなりの長丁場といえるのではないでしょうか。

 

予選リーグの注目は?

予選リーグのグループ分けを確認しておきたいと思います。

 

グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス

グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア

グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア

グループD:オランダ、クロアチア、スコットランド、チェコ

グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア

グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ

 

パっと見た感想は、

・北マケドニアってどこ?

 

・ハンガリーが大変や!

 

です。

北マケドニアってどこにあるのでしょうか?誰一人として北マケドニアの選手を思い浮かべることができません…

今度調べてみたいと思います。

 

そして、ハンガリーです。

対戦相手がポルトガル、フランス、ドイツって、どう考えても罰ゲームですよね…

強豪と戦えると思うとワクワクしますが、一歩間違えれば悲劇となります…

どんな戦いをするのか、注目です。

 

 

優勝国は?

5年前のEURO2016の優勝国は、ポルトガルでした。

今回の優勝国を予想しておきたいと思います。優勝は、ズバリ、

 

イタリア!

 

と予想します。

理由は以下です。

 

・GK、ドンナルンマが安定

・司令塔、ヴェッラッティが出場できそう

・予選リーグの試合が自国で出来る

 

マンチーニさんが2018年に監督に就任して、集大成の大会になるのではないかと思います。

 

決勝戦はイングランドのウェンブリー競技場!

ヨーロッパは強豪国が多いので、どの試合も要注目です。

決勝戦の会場は、イングランドのウェンブリー競技場です。

果たして、どの国が頂点に立つのでしょうか?

しっかり楽しみたいです!!

 

新型コロナウイルスの影響を受けずに、無事に決勝戦まで開催されることを祈りたいと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください