しばしば目にする『GOAT』の意味は?何の略?

こんにちは、munejyukaです。

今回は、しばしば目にする「GOAT」という用語について調べてみました。

特にスポーツの局面で使われることが多いです。

早速、確認していきましょう!

 

 

GOATとは?

まず、GOATとはどういう用語なのでしょうか。GOATは、

Greatest Of All Time

の頭文字を取って作られた用語です。

わかりやすくてよかったです。
最近はDXのようにパっと見ではわからない略語もありますので。

日本語に略すと、

史上最高の選手

という意味でしょうか。

従来の表現では、スーパースターという意味合いですね。

 

 

最近該当している選手は…

この用語がここ数ヶ月でよく使われています。その該当する選手というのが、

トム・ブレイディ選手

です。

アメリカンフットボールのプロ選手です。

2月のスーパーボウルで自身、7度目のチャンピオンに輝いた、超のつくスーパースターです。

スーパーボウルに出場するだけで名誉なことなのですが、7度も優勝しているので、もうこれは、

GOAT

なんです!

 

 

GOATの議論は永遠に続く!永遠に!!

この「GOAT」の議論は定期的にやり取りされます。

人によって見解が違うからです。
ある人はA選手、またある人はB選手、またある人は…

というふうに、凄い選手が出てくるたびに過去の名選手と比較をして、どちらが史上最高の選手なのかを議論するのですが、結局は結論は出ない。
何度やっても。

いったい、史上最高の選手は誰なんだ??

 

まとめ

・「GOAT」はGreatest Of All Timeの頭文字を取った用語

・意味は、史上最高の選手という意味合いでスポーツ界でよく使われる用語

 

「GOAT」という用語は、スポーツ界でスーパースターが出てくるたびに使われることが多いようですね。

今後も、「GOAT」が出現するのを楽しみにしたいですね!

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!!

 

※この「GOAT」を表現するときによく、動物のヤギの絵文字を使うことがあります。ヤギの英語表記が「goat」だからですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください