コンビニのプライチはの本当の狙いは?お客以外に誰が得するのか?

コンビニには週1、2回は行きます。
こんにちは、munejyukaです。

最近、コンビニで見かけるキャンペーンのひとつに、

プライチ

というものがあります。

ある商品を買うと、レシートに何日が後に無料で商品がもらえるクーポンが付いているというものです。

プラス1個という意味で

プライチ

と呼ばれることが多いようです。

このプライチキャンペーンですが、なぜ導入されているのでしょうか?

無料で商品を提供することにどういったメリットが発生するのでしょうか?

新商品の紹介

このプライチキャンペーンは聞いたところによると、製造メーカーが負担しておられることが多いようです。

製造メーカーがこのプライチのキャンペーンを実施する理由のひとつとして、

新商品の紹介

という面があります。

新商品を販売するのに、普通に販売するだけではアピールが少ないということで、このプライチキャンペーンを介して皆さんに認知してもらおうという手法です。

これは製造側も買う側もメリットがあっていいですよね。

製造側は沢山アピールできますし、買う側も新しい商品には興味がありますので。

 

お店に来店してもらうため

もうひとつ考えられるのは、お客さんにお店に来てもらう回数を増やすという目的があります。

このプライチキャンペーンは、ほとんどの場合、すぐ引き換えにならずに、少し期間を開けてからという場合が多いです。

これは、再度、お店に来てもらおうという思惑が見て取れます。

お店に来たら、商品の交換だけでなく、何かついでに買ってもらえる可能性が高まります。

”明日の朝ごはんをついでに買おうかな?”

というような経験をされた方も多いのではないでしょうか?

こうなれば、お店側にもメリットが発生します。

元々売上げがゼロのところが、100円でも200円でも売上げ上がるということはいいことですよね。

お店にとってもメリットがあるといえるでしょう。

 

 

まとめ

コンビニで時々実施されているプライチキャンペーンを実施している主な理由としては2つ考えられます。

・新商品の紹介

・お店の来店回数を増やす

その他にも色々な思惑があるかと思いますが。

買う側からすれば、お得に商品がもらえるのは決して悪いことではありませんし、製造元の会社としては新商品を知ってもらえるいい機会です。

お店側も来店回数が増えるきっかけとなるのでいいことだと思われます。

これからもステキなプライチキャンペーンがあればいいですね!!

 

※このような本がありました。ちょっと興味がありますので買って読んでみたいと思います。

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください