CVRという単語を聞いたことはありますか?

こんにちは、munejyukaです。

皆様、CVRという単語をご存知でしょうか?私は聞いたことはありましたが、意味を知りませんでした。

ですので、少し調べてみました。

CVRはコンバージョン率のこと

CVRというのは、コンバージョン率のことです。

関連する単語にCTRというものがあるようです。CTRはクリック率のことです。

では一体、何のコンバージョン率、クリック率なのでしょうか?
もう少し詳しく説明します。

ネットで記事を読んでいるとあちこちに広告が出ています。
その広告を見た人がクリックする割合がCTRです。

CVRはその広告をクリックして、更に購入や契約まですすんだ割合のことです。

ネットの広告などに係わっておられない方にとっては馴染みのない言葉ですよね。

ネットで収益を上げるにはCVRが”超”需要

少し専門的な話しになってしまうかもですが、ネット広告で収入を得ようとするとなると、このCVRを上げる必要があるということです。

CTR(クリック率)を上げることはもちろん大切なのですが、いくら広告を見てもらったとしても、最終的に購入まで至らなければ収益化できませんので、CVR(成約率)まで意識することが非常に大事になってきます。

この前書いた、マネタイズですね。

最初はもちろん広告を見て貰うようにする必要があります。

ですので、

沢山の人に広告を見てもらう
→沢山の人にクリックしてもらってCTR(クリック)の率を高める
→→沢山の人に購入してもらってCVR(成約)の率を高める

という流れになると思います。

ですので、ネット記事を見ていると、あの手この手でクリックしてもらおうと派手な広告を展開されておられます。

そう思うと、皆様も心当たりがあるのではないでしょうか?
画面いっぱいの広告や、何度も何度も同じものが繰り返し宣伝されているものが!!

こういう知識があって、ちょっと違った目線で見てみると面白いですよね。

これからも少しでも皆様のお役に立てるように記事を更新していきたいと思います!

お互いに頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください