2022年サッカー天皇杯の決勝は10月16日(日)に開催!例年は元旦に開催していましたが…

こんにちは、munejyukaです。

皆さんは恒例行事というものがありますでしょうか?

 

サッカー界では、元旦に天皇杯の決勝が行われるというのが恒例でした。

今年は、選手のオフ期間を長く設けるため、決勝を12月19日に前倒しをして開催されていました。

 

2022シーズンも同様に元旦ではなく、前倒しで開催することが決まったようです。

しかもかなり前倒しのようです。

何が理由なのでしょうか?

 

 

2022年の天皇杯の決勝は10月16日の日曜日に開催!

先日、日本サッカー協会からの発表では、2022年の天皇杯決勝は

 

10月16日の日曜日

 

に開催するのことです。

例年は元旦に行われていると考えると、かなり前倒しになっています。

 

なぜでしょうか?

 

理由は、

 

2022年11月21日からカタールで、世界最大のイベント、ワールドカップが開幕するから

 

です。

この大会に集中できるように、日程を大幅に変更したということです。

まだ日本の出場が決まっているわけではないのですが…

 

 

そもそもワールドカップ・カタール大会の日程が特殊!

実を言うと、そもそも、ワールドカップの開催月が11月というのが特殊なんですよね。

サッカーのワールドカップは通常、6月に始まります。

 

それが、今回のカタール大会は11月開催となりました。

なぜでしょうか?

理由は、

 

カタールの6月は暑いから

 

です。

カタールの6月は、素晴らしいサッカーが出来る気温ではないからです。

6月は気温が高過ぎるので、ちょっとでも涼しい11月にしましょ!ってなったようです。

11月でも暑いみたいですが…

 

 

まとめ

・2022年のサッカー天皇杯の決勝は10月16日の日曜日に開催

・通常は元旦に開催されている

・理由は、ワールドカップ・カタール大会が11月21日に開催するので、それまでに国内の活動を終えておこうという思惑

 

サッカーに興味の無い人でも、元旦にテレビをつけたらサッカーやってましたという経験があると思います。

それくらい、元旦の天皇杯決勝は日本の風物詩的な役割があるのかなと思います。

 

ただ、来年に限っては、ワールドカップに日程の関係上、動かさざるをえないとなったのでしょう。

やっぱり、プレーする選手ファーストですもんね!

 

とにかく、選手の皆さん、頑張ってください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

※たまにボールを蹴りたくなるので、久しぶりに買ってみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください