2021年11月20日(土)10時過ぎの近畿地方の高速道路状況を確認!高速道路の休日割引が復活して3回目の土曜日の状況は?

こんにちは、munejyukaです。

 

秋の行楽シーズン真っ只中の2021年11月20日、土曜日です。

新型コロナウイルスの感染者数も減少傾向にあります。

お出掛けされる方も増えてくると思われます。

 

お出掛けされる方が増えてくると、高速道路も渋滞が発生する確率も上がってきます。

 

昨日の近畿地方の高速道路状況はどうだったのでしょうか?

確認しました。

 

 

2021年11月20日(土)の朝10時過ぎの近畿地方の高速道路状況

いつもは朝8時過ぎの近畿地方の高速道路状況を確認していましたが、今回は10時過ぎと少し遅らせて時間に確認しました。

主な渋滞区間は下記の通りでした。

 

・阪神高速3号神戸線 西行き 京橋から14km

・阪神高速3号神戸線 東行き 湊川から4km

・阪神高速5号湾岸線 南行き 港大橋から5km

・名神高速 上り 蝉丸トンネルから27km

・名神高速 下り 瀬田西ICから5km

・京滋バイパス 上り 宇治トンネルから8km

・第二京阪 上り 久御山JCTから5km

・中国道 西行き 池田ICから7km

・近畿道 北行き 大東鶴見から5km

・湯浅御坊道路 南行き 広川南から10km

・湯浅御坊道路 北行き 有田南から3km

 

あちこちで渋滞が発生していました。

特徴的なのが、上下線、南行き北行きと同じ区間で両方とも渋滞していることです。

たいてい朝の渋滞は、人口が多いところから郊外へ渋滞が発生するのですが、今回は両方とも渋滞していました。

 

たくさんの方がお出掛けされている証拠ですね。

 

名神の上り、蝉丸トンネルからの27kmって凄いですよね…

 

 

阪神高速環状線の通行止めも影響?

このたくさんの渋滞の原因は、阪神高速・環状線の通行止めも影響していると思います。

 

阪神高速の1号環状線北行き、湊町から梅田間が通行止め

 

になっています。

 

期間は、2021年11月16日から26日まで

 

です。

 

この日は通行止めが実施されてからの初めての土曜日でした。

通行止めを回避しようと迂回した道路が渋滞していたと思われます。

土曜日に近畿道の北行きが渋滞することは、ほとんどありませんので。

 

 

まとめ

・2021年11月20日(土)の朝10時過ぎの近畿地方の高速道路状況を確認

・各所で長い渋滞が発生

・阪神高速環状線の通行止めの影響か

 

このたくさんの渋滞をみていると、皆さんのお出掛けモードも全開といったところでしょうか。

何せ、約1年半くらい制限があったわけですからね。

 

高速道路の休日割引も復活しましたし、足かせが無くなったといえるかもしれません。

 

とにもかくにも皆さん、安全運転でいきましょう!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください