病みつきの意味は?ときどき使うこの用語 語源や本来の意味を調べてみた!

こんにちは、munejyukaです。

先日少し気になった言葉に、

 

病みつき

 

というのがありました。

やみつききゅうりとか、やみつきキャベツとかに使う”やみつき”です。

この”やみつき”という用語について気になったので調べてみました。

 

 

やみつき→病みつきと書く

やみつきは、漢字を使って書くと、

 

病みつき

 

もしくは

 

病み付き

 

と書くようです。

知りませんでした。

 

 

病みつきの意味は?

病みつきの意味は2つありました。

 

・病気にかかること

 

・あることにとりつかれて夢中になり、くせになってどうにもやめられなくなること

 

元々は、病気にかかることを病みつきと言っていたようです。

そこから派生して、悪いことから抜け出せなくなってしまったときに、「ほとんど病気だね」ということに対して、

 

病みつき

 

と言われるようになったようですね。

 

 

まとめ

・やみつきは漢字を使って書くと、「病みつき」又は「病み付き」

・病気にかかることを「やみつき」と言うのが語源

・派生語として、病気にかかったようにやめられないことに対して「やみつき」と言うようになった

 

誰が考えたのか、よく出来た内容です。

やみつきのやみが、病(やまい)という漢字だなんてびっくりしました。

 

まだまだ知らないことが多いです。
日々勉強していきます!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

※やみつきといえば、キャベツでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください