阪神タイガースの2軍本拠地移転が決定!現在の鳴尾浜から尼崎市小田南公園に!総工費はなんと100億円!!

こんにちは、munejyukaです。

日本のプロ野球の人気球団、阪神タイガースの2軍の本拠地が、現在の鳴尾浜から尼崎市の小田南公園というところに移転することが決まったようです。

その内容を確認したいと思います!

 

 

移転の理由は?

そもそも、なぜ2軍の本拠地を移転するのでしょうか?

鳴尾浜は甲子園に近かったので便利じゃないのかなと思っていましたが。

その理由は、

・鳴尾浜の老朽化

・球場の観客席が少ない

・練習場が狭い

ということがあげられています。

こういうのはやはり選手ファーストで考えたいですね。

練習場が狭いというのは致命的なことだと思います。
狭いよりは広い方がいいですもんね。

新しいところには、室内練習場も作られるそうなので、これも素晴らしいことだと思います。

 

移転にかかる費用は?

今回の移転の総工費はなんと、

100億円

だそうです。

まさに、ビッグプロジェクトですね!

あれだけお客さんが入る人気球団ならではと言えるのではないでしょうか!

なんなら、もっともっとお金を注ぎ込んでもいいのではないかと個人的には思ったりします。

 

 

完成は、2025年の2月を予定

この移転工事の完成は、

2025年の2月

だそうです。

2025年は阪神タイガースの球団創設90周年とのことですので、それに合わせてということでしょう。

アクセスも阪神電車の大物(だいもつ)駅から徒歩で10分以内とのことですので、ファンの方も観に行きやすい環境にあるといえます。

今からワクワクしますね!
完成を楽しみに待ちたいと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください