【MLB】エンゼルスがアルバート・プホルズ選手をメジャー40人枠からカット!他のチームは獲得するのか?

こんにちは、munejyukaです。

衝撃的なニュースが入ってきました。

大谷選手が所属するアナハイム・エンゼルスがアルバート・プホルズ選手をメジャー枠からカットしたということです。

事実上の、戦力外といっていいのかもしれません。

 

 

長期大型契約のはしり

メジャーリーグにちょっとでも興味がある方はこのプホルズ選手はご存知だと思います。

2001年にカージナルスでメジャーデビューしたドミニカ共和国出身の内野手です。主に1塁を守っていました。

この年に新人王を獲得し、2011年オフに10年契約でエンゼルスに入団。

当時ではかなり珍しい、10年契約を結び、話題になりました。

メジャーリーグの選手はFAであちこちに移籍するのが普通だと思っていたのですが、メジャーの選手でも長期契約をするんだなと思わされました。

しかも期間が10年!!

それこそ日本では考えられない契約ですよね。金額も総額2億4000万ドル(約261億6000万円)と言われています。凄いですよね…

 

通算成績も素晴らしい!

これだけの大型契約を結ぶことができるのも、素晴らしい活躍があったからです。
少し成績を確認しておきます。

 

・通算2112打点は歴代2位

・667本塁打と669二塁打は歴代5位

・オールスター出場10度、MVPを3度獲得

 

文句のつけようがないほど、素晴らしい成績です。

それでも、今季は24試合の出場で打率1割9分8厘、チーム4位タイの5本塁打、17打点の結果を残していました。

18年5月4日のマリナーズ戦では通算3000安打を達成。3000安打、600本塁打、600二塁打以上はハンク・アーロン以来で、将来の野球殿堂入りが確実されている超がつくスーパースターです。

 

 

SO選手と仲良しで有名!

私がプホルズ選手をより知ることができたのは、カージナルス時代にSO TAGUCHI選手と同僚だったからです。

しかもかなり仲が良かったということで、プホルズ選手を知ることができました。

超がつくスーパースターと仲がいいSOさんは、素晴らしい選手なんだなと思わされます。

 

 

他球団に移籍かそれともこのまま引退か?

超のつくスーパースターのアルバート・プホルズ選手も現在41歳。

メジャーリーグはとにかく年齢に敏感です。
イチローの時もそうでした。

果たして獲得の手をあげるチームはあるのか?
それともこのまま引退なのか?

要注目です!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください