CEOって何?聞いたことはあるけどきちんと説明できないので調べました!

こんにちは、muejyukaです。

先日、CHOという用語を調べました

それと同じ系統の、

CEO

という用語も気になりました。

CHOよりは聞いた回数は多いのですが、きちんと誰かに説明しろと言われたら自信がありません。

ですので、今回はCEOという用語を調べてみました。

 

CEOとは何の略?

まず最初は、CEOとは何の略なのでしょうか?

CEOとは、

Chief Executive Officer

の頭文字をとってつくられた用語とのことです。

読みかたは、

チーフ エグゼクティブ オフィサー

です。

そこまで読みにくい感じではありませんね。

 

CEOとはどのようなもの?

次に、CEOとはなんぞや?

というところです。

CEOとは、

取締役会の委託を受け、その意思決定に従って経営方針の決定や事業戦略の策定に関して責任を持つ最高経営責任者

とのことです。

日本では、代表取締役社長の意味で使われるケースも多いようです。

普段の会話で、CEOという言葉を使うより社長という言葉を使う方が圧倒的に多いですよね!

 

 

よく似た用語でCOOというものもある

CEOは最高経営責任者なのですが、組織上は取締役会がCEOの上に存在します。

取締役会の監督の下、経営という実務を担う頂点に立っているとのことです。

また、COOという役職もあります。

これは、

Chief Operating Officer

の頭文字をとって作られた用語です。

読みかたは、

チーフ オペレーティング オフィサー

で、”最高執行責任者”のことです。

その役割は、CEOが定めた事業方針にのっとって、実行部隊を統括する役職の人とのことです。

CEOの次にえらい人というところでしょうか。

 

 

まとめ

・CEOはチーフ エグゼクティブ オフィサーの略語

・CEOは取締役会の監督の下にある最高経営責任者のこと

・似た役職にCOOというものもある

・COOも取締役会の監督の下にある最高執行責任者のこと

CEOは日本で使っておられる会社が、社長と比べたら少ないのかなと思います。

社長という方がピンときますもんね。

 

自分で会社をつくったら、間違いなくCEOにすると思います。

なんてったって、響きがいいと思いませんか?

そう思うのは私だけでしょうか…

以上です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください