今すぐに取りかからない理由について その心理のひとつが判明!

こんにちは、munejyukaです。

今やっておいた方がいいということはわかっているけれども、手をつけないことってありますよね?

テーブルの上の郵便物の整理

ダイエット

などです。

どうしてやった方がいいのはわかっているけれどもやらないのでしょうか?

その心理が少しわかったような気がしたので書いておきたいと思います。

 

成果が出るまでに時間がかかるから

今やった方がいいのは頭で理解はしているけれども、手をつけないというのはいったいどういう心理状態なのでしょうか。

色々な理由があるかと思いますが、そのうちのひとつとして、

成果が出るまでに時間がかかるから

というのがあると思います。

どういうことかというと、今取り掛かったとしてもその成果が自分に反映されるまでの時間がかかるからという理由です。

即効性があるものに対しては比較的すぐにやろうとなるのですが、そうでない場合は後回しになりがちです。

・届いた郵便物を今すぐ処理しようが、来週しようが何の変わりもない

・このケーキを食べなくても体重が2、3kg減るということはない

というようなことだと思われます。

 

 

解決策はあるのか?

では、このようなことを回避する解決策はあるのでしょうか?

まずは、

こういう考えになってしまうのは普通だと受け入れること

だと思います。
どうして同じことを繰り返してしまうのだ?と嘆くようなことはしない方がいいでしょう。

こういう考えが出てくるのが当たり前だということを認識しておくことが大切かと思います。

この考えを受け入れたうえで、なにか対策はあるのか?

いちばんはやはり、

期限を設けること

です。

・毎週日曜日の9時はテーブルを片付ける時間にする

・水着を着る7月初旬までに5kg減らす

というような期限を設けることです。

すると、行動目標が立てやすくなります。

まずは、自分で無理の範囲で期限を設定してから行動することをオススメします。
今までとは少し違った結果が出る可能性が高いと思われますので。

 

まとめ

・今やったほうがいいとわかっていても、できない理由は結果が反映されるまで時間がかかるから

・今やったほうがいいとわかっていても、できないのは普通なので嘆き悲しむ必要はない

・解決策のひとつとして、期限を設けることがベスト


以上です。

お互いに、頑張りましょう!!

 

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください