知識には”言葉にできるもの”と”言葉にできないもの”のふたつの種類がある

こんにちは、munejyukaです。

先日読んだ本に、

知識にはふたつの種類がある

と書かれてありました。
見た瞬間はどういうこと?となりました。

読みすすめていくといい内容だったので、忘れないようにここに書いておきたいと思います。

 

知識にはふたつの種類がある

その本の内容によると、知識にはふたつの種類があり、

言葉にできるもの

言葉にできないもの

があるとのことでした。

なるほどなと納得しました。

言葉にできるものは、本や参考書等の書籍のようなものをイメージするとわかりやすいですね。

言葉にできないものは、体験したことや勝手に体が動くようなことです。

 

泳ぎ方の本を読んだだけでは泳げない

その本には、わかりやすい事例として、

泳ぎに関する本を読んだだけでは泳げない

と書かれていました。

納得です。
確かに、泳ぎ方の本を読んだだけでは泳げません。
手や足の動かし方の知識を得ることは可能ですが、実際に水の中で手足を動かしてやってみないと泳げるようにはなりません。

これはみんながわかっていることですが、意外と忘れがちなことなではないでしょうか?

本を読んだだけでわかったつもりになっている

ということはありませんでしょうか?

本を読むことが目的ではありません。

本を読んで実践して、より良くなる

のが目的なはずです。

ここが大事だと感じました。

 

 

重要な知識は実践を通して得られるもの

続けて書いてあったのは、

言葉にできるほうの知識を過大評価する傾向がある

とのことでした。

どういうことかというと、

言葉にできる知識にはあいまいなところがないので、どうしても過大評価してしまうとのことです。

言われてみればそうかもしれません。

本の内容は間違いない!という固定観念が少なからずあるのも事実だと思います。

ですので、書かれた文字に畏敬の念を抱く、過大評価するのはやめた方がいいということです。

重要な知識は実践を通して得られる

ということです。

このことを忘れないように日々の生活を送ります!


以上です。

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください