不安をコントロールする2つのヒント

こんにちは、munejyukaです。

大なり小なり、たいていの人は不安を感じて生活しておられると思います。

ただ、自分の感情は確実にコントロールできます。
余計な不安を感じながら生活するのは精神衛生上、よくないことです。

今回は、不安をコントロールするヒントを2つ紹介したいと思います。

ヒント1:ネガティブな言葉を口にしない

不安を感じているとき、たいていの人は愚痴というかたちで発言してしまうことが多いと思います。

これはやめておいた方がいいです。
自分から不安な事、マイナス発言、ネガティブな言葉は口にしない方がいいです。理由は、

マイナスを引き寄せるから

です。引き寄せの法則というのがありまして、マイナスな内容の発言をするとマイナスな事象を引き寄せてしまうからです。
ですので、自分からすすんでネガティブな発言をすることはやめましょう。

逆に言うと、ポジティブな発言をするとポジティブな事象を引き寄せることになるので、ポジティブな発言を意識的に口にするようにしましょう。

ヒント2:必要以上に考えない

不安な感情が出てくると、あれこれと連鎖的に不安が増殖してしまう傾向にあります。これが更に悪化すると、負のスパイラルにおちいってしまうことがあります。

この感情をコントロールするヒントとしては、

必要以上に考えないこと

です。

例えば、

天気のことや将来にかかる病気のこと、

極端な例でいうと、

大地震がくるのでは?

等の、今、心配してもどうしようもないこと、自分でコントロールできないことを必要以上に考えないようにしましょうということです。

10年、20年後のことをあれこれと考えるあまり、目先のことがおろそかになるというのはあまりにも馬鹿馬鹿しいです。

それよりも、

今をどう一生懸命に生きるかを考え、行動するか

です。

無理矢理、楽観主義者になれといっているのではありません。

明日は明日の風が吹く!という言葉がありますよね。ですので、明日の心配は明日にしましょうということです。

 

以上です。

いかがでしょうか?不安に押しつぶされて、本来やるべきことにとりかかることができないとう状態は、あまりよくありません。

必要以上に不安になるのをやめて、自分の好きなことに前向きに取り組んでいきたいですね!

お互いに、頑張りましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください