自分が発する言葉にはじゅうぶん注意が必要です

こんにちは、munejyukaです。

言葉づかいが難しいと思ったり、感じたりすることが時々あります。
相手に伝える時に、言い方ひとつで印象がかなり違ったものになります。

”そんな言い方しなくても…”

という体験は、皆様も一度や二度くらいはあるのではないでしょうか。

言う方は忘れていても、受けた側は忘れない

伝える内容は同じでも、言い方が変わるだけで受け取る側の印象は違ったものになります。

伝える側に悪意がなくても、受け取る側の気分が悪くなることがあるので”たちが悪い”です。
結果的に、知らず知らずのうちに相手を傷付けているということになります。

よくあるのが、会社で上司と部下のあいだのやり取りでこういうシチュエーションが多いのかもしれません。

 

 

言葉づかいは注意し過ぎるくらいがちょうどいいかも

仲のいい、気心が知れた人同士であれば何も問題はないのですが、そうでない方との会話は注意し過ぎるくらいでちょうどいいかもしれません。

初対面の時なんかは特にそうです。
第一印象のインパクトというものは強いもので、後々残りますので。

一度吐き出しだ言葉を戻すことはできません。
ちょっとした笑いを取ろうとして勝負に出るのは、次に会ったときの楽しみにおいておくくらいの感じでいいのではないでしょうか。

みんながみんな、フレンドリーになろうとしているわけではないということを、
頭の片隅においておくのも悪くはないかと思います。

1日のうちで、人との会話がゼロのときの方が少ないと思います。
自分の発言にはきちんと責任をもって発するように心がけたいです。

お互いに、頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください