BIツールって聞いたことありますか?私はないです

こんにちは、munejyukaです。
先日ネット記事を見ていたら、BIツールという言葉が使われていました。
私は全く理解できませんでした。

響きがカッコイイと思ったので、調べてみました。

読み方は”ビーアイツール”

まずは読み方です。

ビーアイツール

です。そのままです。DXはデジタルトランスフォーメーションだったので念のため。

元の言葉は、「ビジネス インテリジェンス」です。英語表記だど、Business Intelligenceになります。

エクセルと似ている?

BIツールをおおまかに説明すると、

ビジネスインテリジェンスとは、企業が日々蓄積されていく膨大なデータを分析し、
その分析結果を経営意思決定に活用することをいい、このBIを助けるシステムの総称をBIツール

と呼んでいます。

このBIツールを使う目的としては、

膨大なデータから必要な情報を引き出して、経営や売上げ拡大に活用する

というのがいちばんです。

個人的には、このBIツールを使うまでの準備がかなり必要になってくるのかなと思います。
そうでもないのでしょうか。

現状、エクセルのデータを参考にしているものをこの、BIツールを使ってということは、考え方は同じだと思います。

ただ、フォーマットが全く違うということなのでしょう。

そのデータはどうやって纏めるのか?当事者の社員がやるのか、それとも請け負ってしてくれるのか??その辺も気になります。当の社員がやるとなると、そらもう仕事が増えて大変になるでしょうね。考えただけでも恐ろしくなります…

サービス内容は、少し調べただけでも、有償のもの、無償のものといろいろあります。
やっぱり、実際に携わらないとピンとこないのかもしれませんね。

それでもこういうサービスが出てきたということは、それなりに重要で、効果ありということなのでしょう。

まとめ

今回はBIツールについての報告です。
こういうサービスというか、システムがあるということを知っていて損はないと思います。
少しでも皆様の一助になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください