人はどうしてやるべきことを後回しにしてしまうのか?

こんにちは、munejyukaです。

やらなければいけないことについての”順番”というものを最近意識しています。

どうせやらないといけないことがあるのであれば、それを先にしておいた方がいいに決まっています。

でもなぜか後回しになっていることがあります。
どうしてでしょうか?

緊急を要する別の案件がある

別の急ぎの案件があるので、そちらを優先してしまい、
後回しになってしまうということがあります。

また、その急ぎの案件が終わってしまったら、油断してまた別のものにとりかかってしまい、
元々やろうとしていたことを放ったらかしにするという悪循環になってしまい、本来やらなければいけないことに、なかなか手を付けれないという状況になってしまいます。

今やらなくても被害がかからない

今、やろうと思えばできるけれども、やらなくても今すぐ被害がふりかかってこないと判断すると、後でいいやとなってしまいます。

今やらなくても痛みが伴わないので、後回しになるというものです。

 

ただ単に面倒くさいだけ

自分の中ではやった方がいいとわかっていても、単純に面倒だという理由で
後回しになっていることがあるかと思います。

部屋の掃除がそうかもしれません。
掃除をした方がいいに決まっていますが、時間がないとか他にやることがあるという、やらない理由を探して後回しになってしまうというものです。

学校の宿題もそうです。
宿題はやらなければいけないのはわかっていますが、どうしても後回しになりがちです。

わかってはいるけど…

やらないといけないとは頭で理解はしているけれども、なかなかできないことってあります。

対策をあれこれ考えてみたのですが、なかなか妙案が浮かびません。どうせあの手この手で(?)やらない理由を見つけてくるのですから…

なんて、諦めてはいけません。

日々、意識的に行動してみると違ってくるかもしれません。

ただ何となくという行動をシャットダウンして、全ての行動を意識的にしてみることです。

そうすれば後回しにしようなんて考えは出てこなくなります。

やらなくてもいいなんていう答えはナッシング!

お互いに頑張っていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください