最近よく耳にするICTの意味は?

こんにちは、munejyukaです。

最近あちこちでよく見たり聞いたりするICTという単語。もちろん?私も普段ICTという単語を言ったりはしません。

いったいICTとはどういう意味なのでしょうか?

ICTとは略語

ICTとは information and communication technology の頭文字をとった略語でした。

日本語に訳すと、

情報とコミュニケーションのための技術といったところでしょうか。

かみくだくと、

情報技術(パソコンやクラウドサービス)を活用して人やモノをつなげていくこと

というところでしょうか。
これならなんとなくイメージはわきます。

ITとは違うの?

もっと前から使われる単語でITという単語があります。”IT関連企業”なんてよく使われています。

ITもinformation technologyの頭文字をとったものですので、ICTと変わらない?のでしょうか。

ITは情報技術そのものを指す単語で、ICTは情報技術を活用して人やモノを

”つなげること”

を指す単語という理解でいいと思います。

日常生活でどう活用されている?

それではICTは日常生活ではどのように活用されているのか?

身近なところではメールやLINEのようなコミュニケーションツールやネット通販もこのICTに該当します。

そう考えるともうすでに使っている技術といえます。ICTという単語を使っていないだけですね。

今後は、

ICTが普段の生活をどのように豊かにしていくか

というところです。

今ままでにはないサービスが新しく提供されていくことになると思いますので、注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください