2020年NFLドラフト回想

2020年のNFLドラフトはオンラインで実施されました。その中で気になる選手を1名だけ書いておきたいと思います。

・Justin Madubuike選手
・ボルティモア・レイブンズの3巡目に指名
・6フィート3インチ(190㎝)、体重293ポンド(132㎏)
・Texas A&Mで活躍したDT

日本語の発音ではなんて言うんんでしょうね。”マドゥバイク”でいいのでしょうか。私の好きなテキサスA&M大学出身のディフェンスタックルです。驚くのはその体のサイズです。190センチで体重132キロですよ!お相撲さんレベルですよね。こんな選手がもの凄いスピードでQBに襲い掛かるなんて想像したくないですよね。

どうしてこの選手を取り上げたかというと、このサイズからは連想出来ないスピードがあり、かつパワーもあるというところです。大学レベルではないことが一目瞭然でした。

それでも厳しいNFLの世界。こんな選手でもロースターに入れるかどうかは始まってみないとわかりません。それでもレイブンズは元々ディフェンスが強いチームなので、もしロースターから漏れても他のチームから声が掛かる可能性はあると思います。

今シーズンの楽しみの1つにしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください