2022年6月2日(木)午前8時過ぎ、阪神高速松原線の渋滞状況を確認!昨日から約3年間の通行止めが始まる!

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

渋滞状況を確認するのは嫌いではありません、munejyukaです。

 

昨日の2022年6月1日から、阪神高速松原線の喜連瓜破(きれうりわり)~三宅間が上下線とも、工事による通行止めが実施されます。

 

期間は、

約3年間

です。

 

ここまで長い期間の通行止めは聞いたことがありません。

私が知らないだけかもしれませんが。

 

周辺道路で渋滞の可能性がありますので、走行予定の方は注意が必要です。

 

 

工事2日目の朝の渋滞状況

 

工事2日目の6月2日(木)の松原線の状況を確認してみました。

 

・松原線 下り 喜連瓜破から1km

・大和川線 上り(西行き) 三宝から2km

・近畿道 上り(北行き) 東大阪南から2km

 

予想よりは渋滞が短いです。

もっと長い渋滞になっているのかと思いましたが。

 

堺線に迂回されておられるのでしょうか?

西名阪から来られる方は近畿道を通られておられるのでしょうか?

近畿道は、この工事による通行止めが無くても、この時間帯は渋滞していたのでなんとも言えませんが。

 

通行止め区間周辺の一般道も少しだけ確認しましたが、そこまで長い渋滞はありませんでした。

 

 

これから約3年間、この状況が続く

 

この工事期間は約3年間です。

2025年3月末までを予定されておられます。

 

3年となると、この工事期間中の状況がノーマルになってしまいますね!ww

 

いちばん影響を受けるのが、西名阪から阪神高速に乗ろうとされる方だと思います。

例えば、西名阪から大阪・伊丹空港に行くとします。

今まででしたら、

西名阪→阪神高速松原線→環状線→池田線

でサッと行けました。

 

ところが、今回の工事・通行止めの場合は、

 

西名阪→三宅西→一般道道駒川→阪神高速松原線→環状線→池田線

 

もしくは、

 

西名阪→近畿道→阪神高速東大阪線→環状線→池田線

 

となります。

しかも近畿道を通ると、料金も高くなります。

 

めちゃくちゃヤだなぁとはなりませんが、今までのことを考えると、ちょっとねぇ~と思わずにはいられません。

 

でも仕方ないですよね。

安全に走行するには、リニューアル工事は必要なものです。

あーだこーだいってもどうにもなりませんので。

 

 

まとめるとぉ~

 

・2022年6月2日(木)、朝8時過ぎの阪神高速松原線の周辺道路の状況を確認。

・大和川線と近畿道で渋滞が発生

・西名阪から近畿北部、西部に行かれる方への影響が大きい

 

2022年6月1日から始まった、阪神高速松原線のリニューアル工事。

喜連瓜破~三宅間が終日、上下線とも通行止めとなります。

期間は約3年です。

 

工事から2日目の朝、工事区間周辺の道路状況を確認しました。

そこまでひどい渋滞は発生していませんでした。

皆さん、上手に(?)迂回された結果でしょうか。

 

気になるのは、土曜日と日曜日です。

どのような状況になるのでしょうか?

また継続して確認していきたいなと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

※カーナビも本当にお手頃価格になりましたね!ひとつあったらめちゃくちゃ便利ですよね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください