2022年ゴールデンウィーク(GW)は高速道路料金の休日割引が無し!残念だがしゃーない!

 

こんにちは、munejyukaです。

今日、ちょっと残念な、でもしゃーないなぁというニュースを目にしました。

 

高速道路を管理しているNEXCOが、2022年のゴールデンウィーク期間中の休日割引を実施しないと発表されていました。

内容を確認してみたいと思います。

 

 

 

2022年ゴールデンウィークの高速道路料金の休日割引は無し!

 

2022年のゴールデンウィークは、4月29日(金・祝)から5月8日(日)までが一般的でしょうか。

この期間中の休日扱いは、

 

4月29日(金・祝)

4月30日(土)

5月1日(日)

5月3日(火・祝)

5月4日(水・祝)

5月5日(木・祝)

5月7日(土)

5月8日(日)

 

の8日間です。

この8日間は本来ならば休日割引の対象となっていたのですが、今年は適用しないとのことです。

 

利用者側からすると、とても残念ですよね。

 

 

ゴールデンウィークだけでなく、お盆休みと年末年始も適用しないとのことです

 

今回、ゴールデンウィークの休日割引を実施しないということですが、既に8月のお盆休みと年末年始も休日割引を実施しないことが決まっています。

 

お盆休み期間は、

8月11日(木・祝)

8月13日(土)

8月14日(日)

の3日間は休日割引を実施しないとのことです。

 

年末年始は、

12月31日(土)

2023年1月1日(日)

1月2日(月・祝)

1月3日(火)

の4日間は休日割引を実施しないとのことです。

 

よくよくNEXCOの発表を見てみると、今回の措置は、休日割引をすることによって車が集中して大渋滞が発生してしまうので、それを緩和する目的があるようです。

どうせ移動するならちょっとでも安くなるほうを選択しますもんね。

 

新型コロナウイルスのまん延防止対策だけではなかったようです。

 

果たして、どれくらいの効果があるのでしょうか。

引き続き確認していきたいと思います。

 

 

 

まとめるとぉ~

 

・2022年ゴールデンウィークの高速道路の休日割引はなし

・休日割引を実施することによって発生する大渋滞をおさえるのが目的

・お盆休みと年末年始も休日割引を実施しないとのこと

 

今回は、2022年のゴールデンウィーク期間中の高速道路料金の休日割引が無しになった件について確認しました。

数km程度の渋滞だったらなんとか耐えれるのですが、20km、30kmの大渋滞に巻き込まれると、本当につらいものがあります。

 

今回の措置によって、大渋滞が少しでも緩和されるといいですね。

料金が高くなるのは残念ですが…

 

実際にどうなったのか、ゴールデンウィークに確認してみたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

※車にコレを置いておくと渋滞になっても安心です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください