2021年12月29日(水)の午前8時過ぎ、近畿地方の高速道路の渋滞情報を確認!お正月休みの初日はどんな感じ?

こんにちは、munejyukaです。

 

今日、2021年12月29日(水)からお正月休みになられた方も多いのではないでしょうか?

サービス業にかかわっておられる方はそんなの関係ねー!でしょうが…

そんなお正月休みの初日の朝9時過ぎの近畿地方の高速道路状況を確認しました。

渋滞は発生していたのでしょうか?

 

 

2021年12月29日(水)、朝9時過ぎの近畿地方の高速道路状況

2021年12月29日の水曜日、朝9時過ぎの近畿地方の高速道路状況を確認しました。

 

渋滞無し

 

でした。

ただ、寒波の影響で、舞鶴若狭道の小浜IC~福知山IC間が冬用タイヤ等の規制がありました。

辛うじて通行止めになっていないというところでしょうか。

3日程前から寒気が流れ込んでいて、日本海側を中心に大雪になっています。

被害が少ないことを祈るばかりです。

 

 

年末年始も寒波がやってくるみたいで…

2021年年末から2022年年明けにかけて、また寒波がやってくるとのことです。

そうなるとまた大雪の影響で、高速道路の通行止めや冬用タイヤ等の規制が出てくるものと思われます。

 

こういう時は、毎年雪が降る地域の方は準備をきちんとされておられるので心配はないのですが、あまり雪が降らない、積もらない地域で大雪となると大ごとになることが多いように思います。

 

これくらいで大丈夫ということではなく、念には念を入れるくらいの気持ちで行動する必要があるのかなと思います。

 

スキー場関係者の方にとっては、雪が降りまくった方がいいのでしょうけども…

 

 

まとめ

・2021年12月29日(水)、お正月休み初日の方が多いと思われる朝9時過ぎの近畿地方の高速道路状況を確認

・目立った渋滞は無し

・寒波の影響で冬用タイヤ等の規制区間があり

 

年に何回かの雪や凍結のために、冬用タイヤを用意するのもどうかと思われている方も多いと思います。

急に準備できるものでもありませんので、もし冬用タイヤが必要な状況になりそうなときはすっぱりと車での移動を諦める決断が必要です。

無理して事故になってはいけませんので。

 

天気はコントロールできませんので、何とかうまく切り抜けたいですね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

※フロントガラスが凍っていたらコレを使うのが手っ取り早いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください