2020東京オリンピックの1都3県の会場は全て無観客での開催!追加で北海道も!

こんにちは、munejyukaです。

2021年7月8日に、東京オリンピックの東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で実施される競技は無観客での開催になることが決定しました。
追加で、9日の夜に北海道での実施分も無観客での開催となりました!

ウワサだと思っていたのですが、現実となりました…

 

 

元々は定員50%で上限1万人で開催

2021年6月22日の段階では、定員の50%以内で上限1万人でということを決定しておれました。

ところが…

 

7月6日のチケット再抽選の発表を10日に延期するという知らせが入ってきました。

これでもう、何かあるなという感じでした。

 

そしてその2日後、東京、埼玉、千葉、神奈川で開催する競技については、無観客で開催するという決定を出されました。

 

”二転三転する”とはまさにこういうことを言うのでしょう。

 

更に、

翌日の9日には、北海道での開催分も無観客での開催にするとの発表がありました。

北海度ではマラソンが実施されます。

沿道での応援はどうなるのでしょうか…

 

 

有観客は宮城、福島、茨城、静岡の4県

それでは、今回の東京オリンピックで観客を入れて開催するところは、どこが残ったのでしょうか。

残ったのは、以下の4県です。

 

宮城県(サッカー)

福島県(野球、ソフトボール)

茨城県(サッカー)

静岡県(自転車)

 

なんとも寂しい限りです。

仕方ないのは理解しているつもりですが…

 

 

まとめ

・東京オリンピックは北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川で無観客での開催

・元々は全会場で定員の50%・上限1万人としていた

・観客を入れて開催するのは、宮城、福島、茨城、静岡の4県で開催分のみ

 

新型コロナウイルスの感染状況や、医療関係の状況を考えるとやむなしの状況なのかもしれません。

ただ、チケットを持っておられる方からすると、かなり振り回された感じが強く残る結果となったことも事実だと思います。

 

これが恐らく最終決定だと思われます。

 

気持ちを切り替えて、出場する選手の皆さんを応援するのがいいのかなと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

※テレビを新しくしてオリンピックを観るのもいいかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください