世界の原子力発電所の稼働状況を調べてみた!~2021年5月

こんにちは、munejyukaです。

たまたまなのですが、原子力発電所の記事を目にしまして、単純に

世界中の原子力発電所の数はどのくらいあるのか?

が気になりました。

日本では事故があったりして、意図的に稼働停止にしているものもあるのですが、世界の動きはどうなっているのかをしらべてみました。

 

 

世界の原子力発電の状況は?

世界ではどのくらいの数の原子力発電所が稼働しているのか?

2021年1月現在で、

世界中で434基が稼働している

とのことです。

国別で見てみると、以下の通りです。

 

1位:アメリカ 運転中94、建設中2、計画2

2位:フランス 56、1、0

3位:中国 48、16、29

4位:日本 33、3、8

5位:ロシア 34、3、14

6位:韓国 24、4、0

7位:カナダ 19、0、0

8位:ウクライナ 15、2、0

9位:イギリス 15、2、2

13位:インド 22、7、6

 

日本は数だけでみると、世界で4番目にランキングされているんですね。

フランスが2位というのは個人的にびっくりしました。

その隣りのドイツは現在、6基稼働しているのですが、国として脱原発に回帰されたようです。

国によって政策が違うのも特徴のひとつですね。

 

あと目につくのは、中国の計画中の数ですね。今後も、積極的に原子力発電を活用しようという意思がみえてきます。

インドも建設中が7基、計画中が6基と積極的です。

ロシアは1986年にチェルノブイリ原発事故があったのですが、現在も稼働している原子力発電所もありますし、14基の計画もあるようです。

 

 

日本の状況を詳しくみてみる

ここで、日本の状況を詳しくみておきたいと思います。

2021年1月現在では、日本で9基の原子力発電が稼働しているようです。

 

・関西電力の大飯発電所で2基、高浜発電所で2基

・四国電力の伊方発電所で1基

・九州電力の玄海原子力発電所で2基、川内原子力発電所で2基

 

の合計9基です。

原子炉設置変更許可済のものや、新規制基準への適合性申請中のものを含めると、上記の33という数になるのでしょう。

 

 

まとめ

・2021年1月現在で世界中で434基の原子力発電所が稼働している

・日本は数だけでみると第4位

・中国、インドは積極的に原子力発電所を推進している

・ロシアも14基の計画あり

・日本は現在9基が稼働

 

この結果をみて、人口が増えている国や地域ではたくさんの電力が必要となってきます。

その電力確保の意味合いで原子力発電所を建設しようという動きがあるのかなと思われます。

 

課題すべきことは明確で、

使用済み核燃料の処分方法

と、

事故があったときの被害が大きすぎる

ということだと思います。

現時点では、この課題を解決する完全な方法はありません。
これからの技術革新にゆだねるしかありません。

我々民間人としては、無事を祈るばかりです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください