サッカー日本代表、U-24の6月の試合が無観客開催に!緊急事態宣言延長により!

こんにちは、munejyukaです。

2021年6月に開催される、サッカーの日本代表とU-24代表の試合が無観客での開催となりました。

とても残念ですね…

 

 

無観客開催の理由は緊急事態宣言が延長のため!

6月に日本代表の試合とU-24代表の試合を5試合予定しています。

現時点では開催はされるのですが、無観客での開催となりました。

 

理由は5月末までを予定していた緊急事態宣言が、6月20日まで延長されることによるものだということです。

今回開催される場所は、北海道、大阪府、兵庫県、福岡県です。

いずれの地域も、緊急事態宣言が発令されています。

これはもう仕方ないですね。
残念ですが…

 

 

 

無観客開催の5試合とは?

今回無観客での開催となる5試合の内容を確認しておきます。

日本代表:6月3日(木)親善試合 対ジャマイカ 札幌ドーム

     6月7日(月)W杯予選 対タジキスタン 吹田スタジアム

     6月11日(金)親善試合 対セルビア ノエビアスタジアム神戸

     6月15日(火)W杯予選 対キルギス 吹田スタジアム

 

U-24:6月5日(土)親善試合 対ガーナ ベスト電器スタジアム(福岡県)

私は関西在住なので、6月11日の試合を申し込もうと思っていました。

無観客となってしまって、本当に残念です…

 

まとめ

・6月に開催されるサッカー日本代表とU-24代表の試合、計5試合が無観客に

・開催地で緊急事態宣言が発令されているため

 

現状で新型コロナウイルスの感染者を抑えるのはワクチン頼みになっているような感じです。

これから徐々にワクチン接種が行われていくと思われます。

上手くことが運ぶといいですね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください