ンゾンジ選手、リーグ・アンで開始8分で1発レッド!

こんにちは、munejyukaです。

衝撃的なニュースが入ってきました!

我らがスティーブン・ンゾンジ選手が、フランスリーグで1発レッドをくらってしまっています!

どうなって、こうなったのでしょうか!!

 

 

正確には7分38秒で1発レッド!

今回起こった状況を確認します。

フランスリーグの20-21シーズン、リーグ・アンの第35節。
ボルドー対レンヌの試合です。

ダイジェストの動画で確認しました。

スローインからのボールをンゾンジ選手が胸でトラップ

→トラップしたボールが浮いてしまい、相手チームの選手がヘディングする

→ンゾンジ選手もその浮いたボールを蹴ろうと右足を高く上げる

→その上げた足が、ヘディングをした相手チームの選手のお腹をキックするようなかたちになる

1発レッド!

試合開始から7分38秒での出来事でした…

 

意図的ではない!と思われる

映像で見る限りですが、個人的にはンゾンジ選手が意図的に蹴ったとは思いませんでした。

あくまでプレーの流れでそうなってしまったと思います。

ただ、お腹を蹴ってしまったかたちになってしまったので、審判としてはレッドを出さざるを得ないということだったかと思います。

 

ただ、それが試合が始まってから7分38秒での出来事だったのでびっくりしました。

もちろん?チームの心臓がいなくなったレンヌは0-1で敗戦となってしまいました…

 

 

20-21シーズン リーグ・アンは残り3試合

20-21シーズンのリーグ・アンは残り3試合となっています。

ンゾンジ選手は今回の退場で、恐らく1試合か2試合の出場停止が言い渡されると思います。

そうなると今シーズンはあと1試合か2試合の出場となります。

チームの順位は現在7位。残り3試合を勝ってもチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに出場するところまでは届かない位置です。

もしかしたら思い切った選手構成になるかもです。

 

今年で33歳になるスティーブン・ンゾンジ選手。
来年も素晴らしいプレーを披露してくれることを祈ります!!

実際にこの目でンゾンジ選手のプレーを観たいですねぇ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください