パソコンの法定耐用年数は4年、もしくは5年 価格によってもわけられている

こんにちは、munejyukaです。

先日、家のノートパソコンが上手く起動しませんでした。

再起動したらその後は問題なく動いています。

購入してから約4年くらいだと思います。

そんな時にふと、

”パソコンの寿命はどのくらいなんだろうか?”

と思いました。

そこで少し気になったので調べてみました。

 

 

パソコンの法定耐用年数は4年、もしくは5年

ネットでパッと調べて、いちばん最初にでてきたのは、国税庁が定める法定耐用年数が出てきました。

それによると、

サーバーとして使用する場合は5年、それ以外は4年

と書いていました。

法定耐用年数とは、ざっくり言うと、普通に使っていたらこれくらいはもつでしょうから、会社で購入した場合はこの期間は減価償却を認めますよという内容です。

そう考えると、普通の使い方だと4年というところでしょうか。

私のパソコンも4年ですね。もしかしたらそろそろかも…


話しが少しそれるのですが、会社でパソコンを購入して減価償却しようとするとどうなるのかというと、パソコンに価格によってわけているようで、

10万円以下のパソコンは資産とはみなされず、文房具やコピー用紙と同じ消耗品として扱う

とありました。

また、10万円~20万円未満のパソコンは、購入した年度から3年度にわたって均等に償却され、償却金額は月割りで計上するのが一般的とのことです。

 

パソコンのスペックにもよって大きく変わる

私はパソコンに詳しくありません。
ネットを見てエクセルをちょこちょこっと使うくらいです。

ですのでこのパソコンはどうだとかは全く言えないのですが、単純にいいメモリー等が入っていて、ハードディスクやSSDの容量が大きいほどそれなりにサクサクっと動く期間も長くなるでしょうし、長持ちもすると思います。

めちゃな使い方をしなければという前提で。

ですので、いちがいに何年持つかというのははっきりわからないと思います。

そこで参考になるのが今回出てきた国税庁の法定耐用年数です。

この期間より短ければ

う~ん、残念!

という感じでしょうか。

 

 

まとめ

パソコンは購入する機種のスペックも大きく違いますし、使い方にも個人差があると思います。

ですが、目安としては4年くらいなのかなという感じでしょうか。

毎年、高性能のものが開発されているので、もしかしたら年々使える期間も伸びているのかもしれませんね。

この先どれくらい使えるのかはわかりませんが、大切に使っていきたいなと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください