ゴーンさんの逃亡支援をした米国人親子が日本に身柄引き渡し!今後、事態は進展するのか?

こんにちは、munejyukaです。

2019年12月に日本で起訴され保釈中のゴーンさんの逃亡を手助けした疑いがあるとのことで、元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)隊員のマイケル・テイラーさんと息子のピーター・テイラーさんの身柄を日本側に移されたとのことです。

過去数ヶ月の法廷闘争で争っていたようですが、マサチューセッツ州の連邦高裁と連邦最高裁はいずれもこの親子の訴えを退ける判断を示して、国務省も日本への移送を承認していたということです。

ゴーンさんの脱出からもう1年以上経つんですね。

 

 

どこで知り合うねん?

今回身柄を引き渡しになったテイラーさん親子ですが、私は単純に、

どうやって知り合うねん?

というところです。

いろいろな”つて”をたどってゴーンさんと知り合いになられたのでしょうけど。

面白そうだな、いっちょやってみるか!

となったのでしょうか。

面白かったのか、報酬目当てだったのか、何なのかはわかりませんが。

それでもこのテイラー親子が本当に手助けしたのかどうかは確定していないので、なんとも言えないのですが。

 

今後、どうなるの?

で、いったい、今後ゴーンさんはどうなるのでしょうか?

このままレバノンで、ずっと生活されるのでしょうか?

日本で裁判は実施されることはないのでしょうか?

ゴーンさんは自分から日本に来られることは二度とないと思われますし。

本当に悪いのかどうかもわからないですよね…

個人的に引っ掛かるのは、ゴーンさんは、悪いことをしていないというのであれば、何もこんなことをしてまで出国する必要はなかったのかなと思うのですが。

ただ日本は、検察がアウトといえば、何しようが有罪になってしまうという事実もあるので、ここまでする必要もあったのかもしれません。

疑われるようなことをしてしまったというところが、いけなかったのかもしれませんね。

もっとお金の動かし方等をわかりやすくする必要があったのでしょう。

それとも、そこまで複雑にする理由があったからなのでしょうか?

謎が深まるばかりです。

 

 

まとめ

ゴーンさんの出国をサポートしたとされるテイラーさん親子が日本に身柄を移されたそうです。

これで、この件で何か進展があるかもしれません。

何も悪いことをしていないというのであれば、きちんとパスポートを使って出国すればよかったのにとも思います。

だって、このことが許されるのはダメだと思うからです。

みんなパスポート無しで出国できるのであればそうしたいですよね。

ゴーンさんが日産で何かどうしたというのは社内の話しなのでそこまで興味はないのですが、パスポート無しで出国したというところはモヤモヤします。

また何か進展があったらレポートします!!

 

※今回のゴーンさんの事件についての本です。面白そうなので読んでみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください