【NFL】2020シーズンの各部門の最優秀賞が決定!MVPに輝いたのはあの選手!

こんにちは、munejyukaです。

タンパベイ・バッカニアーズのスーパーボウル制覇で幕を閉じたNFLの2020-2021シーズン。

レギュラーシーズンの各部門の最優秀選手が発表されていました。

MVPに輝いたのは、あのベテランの選手です!

 

MVPはパッカーズのQB・ロジャース選手!

最初に紹介するのは、MVPに輝いた選手です。

MVPは、グリーンベイ・パッカーズのQB・ロジャース選手です。

今シーズンは本当に素晴らしかったです。

失礼。今シーズン”も”ですね!

現在37歳のベテラン司令塔は、年齢を感じさせないはつらつとしたプレーを披露しました。

パスの強弱とコントロールが抜群でした!本当に凄かったです!

彼の素晴らしいプレーが、NFCの第一シードを獲得する大きな要因になったことは間違いありません!

 

今シーズンのロジャースは”なにくそ”という思いがあったのかもしれません。

というのも、パッカーズは今春のドラフトの上位でQBを指名したからです。

チームとしては先を見据えてのドラフトといえます。

しかし、ロジャースにしてみればあまり面白くない出来事だったのかもしれません。

そろそろ世代交代か?

そういう周りの雑念を振り払いたい!

そういう思いが少なからずあったのではないかと思います。本人は否定するかもしれませんが。

そして実際にグランドのプレーで証明して、MVPを獲得しました。

カッコ良過ぎません?

 

もちろんチームスポーツですので、彼1人の活躍でどうにもならないこともあるかと思います。

それでも、この37歳のベテランQBの活躍が、パッカーズの第一シード獲得の重要な要素だったのは間違いありません。

来シーズンも活躍を期待しています!

 

その他の受賞者で気になった選手は…

その他の気になる受賞者を見ていきたいと思います。

最優秀ディフェンス:ラムズ・DT、ドナルド選手

最優秀オフェンス:タイタンズ RB・ヘンリー選手

最優秀新人:チャージャース QB・ハーバート選手

最優秀コーチ:ブラウンズ ヘッドコーチ・ステファンスキー

 

個人的にいちばん目についたのは、タイタンズのヘンリー選手でしょうか。

ランニングバックの常識を覆すような体のサイズとパワーで走る姿は圧巻です。

スピードが無いかといえば絶対にそうではなく、速いんですよね。

あのような選手がチームにいるといないとではかなり違ってくると思います。

このような選手がケガをしたときはチームは大変です。

ゲームプランがまるっきり違ってくると思いますので。

諸刃の剣といったところでしょうか。

 

ラムズのディフェンスタックルのヘンリー選手も凄い選手です。

体のサイズはそこまで大きくはないのですが、パワーとスピードを兼ね備えた、現代のディフェンスタックルの最高峰の選手といえます。

来シーズンも要チェックです!

まとめ

こうやって少しシーズンを振り返るだけでも楽しいですよね。

パッカーズは残念ながらスーパーボウルには出場できませんでしたが、ロジャース選手が今シーズンのような活躍を披露すれば、来年はスーパーボウルに出場できるチャンスが広がってくると思われます。

ケガだけにはじゅうぶん注意して欲しいです。

 

来シーズンを楽しみに待ちたいと思います!!

 

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください