もめごとにサヨウナラ!仕事をスムーズにすすめていく1つの方法!

こんにちは、munejykaです。

社会人の方で、

やらなければいけないことを忘れていた

という経験はありませんでしょうか?

書類を送るのを忘れていた
お願いされていたことを忘れていた
確実に時間がかかる作業なので面倒でやりたくない

取り掛かりが遅くなったことを、先方や依頼人の人にバレて怒られるのがイヤだ

というサイクルになってしまうことがあると思います。

結局最後はやらなければいけないのであれば、最初からやった方がいいのです。
わかっているけど、依頼を受けた瞬間は他の作業をしていてすぐに手をつけれなかったということもあると思います。

よくあるシチュエーションだと思いますのでこれを回避するための対策を提案したいと思います。

まずは依頼を受けた時になんらかのリアクションを

とにかく最初が肝心で、依頼を受けたときにすぐにできないとわかったら、すぐに

できません

と回答するのがいいと思います。こういうことをするだけで、かなり状況は変わると思います。
このリアクションがあるだけで相手も安心するでしょうし、

いやいやすぐにやって欲しい

となるか

了解しました。そしたらいついつまでにお願いします。

となりますので、
あとあともめることもないと思います。

この連絡があるかないかだけでかなり変わります。
依頼をした人へのフィードバックがないと、依頼をしたひとはすぐにできるだろうと思うでしょうし、依頼を受けた人は、今忙しいから後回しになるなという双方の思い違いが、あとあともめる原因になるということが多々あります。

そうならないように、最初にきちんと報告・相談しておくことがベストだと思います。

もめてる時間がもったいない

人の処理能力には限界がありますので、なんでもかんでもハイハイと言っていたらそのうちパンクするのは当たり前です。
それでなくても、嫌々やらなければいけない仕事が舞い込んでくるものですので、人ともめるということは極力避けたい内容です。

そのもめてる時間がもったいないです。

そうならないように先手、先手で動いていくことを意識し続けていきたいですね。

依頼を受けたときの最初のコミュニケーションをきちんとやっておけば、もめる可能性は限りなく低くなると思います。
もちろん途中経過も大事なので、最中の途中報告もできればきちんとやっていきたいですね。そこまで余裕がある人はまれなのかもしれませんが。

お互いに頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください