プログラミング言語別でなにができるのか?主要言語4つを簡単に紹介!

こんにちは、munejyukaです。

現在、プログラミング言語は200種類以上あるといわれています。

その中で主流のプログラミング言語について説明していきたいと思います。

HTML&CSS

厳密にいうとHTML、CSSはプログラミング言語ではないそうです。

HTMLで簡単なWebサイトが作れて、CSSはデザインを定義するものです。

あまり人気はないとのことですが、デザイン関係の仕事をしていると最低限の知識が必要なシーンが出てくるようです。

 

JavaScript

静的なWebサイトを動的にするためにJavaScriptが作りだされたようです。

ここ数年、1番人気のある言語だそうです。

 

Ruby

日本で開発された国産のプログラミング言語です。

海外を含めるとそこまで最高に人気があるというわけではないようですが、非常に扱いやすい言語であると認識されています。

 

Python

海外で非常に人気のあるプログラミング言語。

データ解析や人工知能を学ぶにはこのPythonだといわれるくらいの言語です。

 

最低限の知識が入ったらあとはやるだけ!

紹介し続けているときりがないのでこの辺でやめときます。

最低限の知識が入れてこの言語を習得するぞとなったらあとはきちんとやるだけです。

とにかく一度やってみるのがいいかと思います。乱暴に言うと、ダメだと途中で諦めてもいいと思いますので。

お互い、頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください