【MLB】シーガー選手がテキサス・レンジャーズと大型契約!その額なんと…メジャーリーグはシーズンオフでも話題は尽きませんね!

メジャーリーグはどこからそんな大金が出てくるのでしょうか?

こんにちは、munejyukaです。

 

アメリカのMLBメジャーリーグは、ワールドシリーズが終わったと思ったら今度はFA市場で盛り上がりをみせています。

ドジャースの所属していたシーガー選手が、レンジャーズと大型契約を結びました!

その内容を確認したいと思います!

 

 

シーガー選手の新しい契約内容は?

ドジャースに所属していた、コリー・シーガー選手。

そのシーガー選手が、テキサス・レンジャーズと大型契約を結んだとのニュースが入ってきました。

契約内容は、

 

10年総額3億2500万ドル!

 

です。3億2500万”円”ではありませんよ、奥さん!!

3億2500万”ドル”です。

日本円にすると、

 

約370億5000万円

 

です。

1年平均にすると、37億円…

ま、さ、に、ケタ違いですね…

いったい、どこからこの資金が出てくるのでしょうか?

 

 

シーガー選手はどんな選手?

シーガー選手はどのような選手なのでしょうか?

確認してみましょう。

 

現在27歳のシーガー選手。

ポジションはショートです。

 

2015年にドジャースでメジャーリーグデビューを果たしました。

 

2016年には新人王を獲得。

去年のナショナルリーグ優勝決定戦とワールドシリーズでMVPを獲得。

 

今のドジャースの繁栄とともにプレーしてきた、スーパースターです。

 

これくらいの活躍をしていると、この大型契約も納得なのかもしれませんね。

 

あえて残念なところをいうと、シーガー選手はケガが多い印象です。

140試合以上出たシーズンは、16、17年の2シーズンしかありません。

今年も95試合の出場にとどまっていました。

 

でも、そんなことは”しょぼい”ことなのかもしれませんね。

 

 

レンジャーズは他にも有力選手を獲得

シーガー選手と大型契約をしたレンジャーズですが、このオフの補強はこれだけではありません。

 

ブルージェイズに所属していたセミエン内野手も契約しています。

セミエン選手とは、7年1億7500万”ドル”で契約しています。

日本円で約200億円です。

 

積極的過ぎる補強ですね。

 

レンジャーズは今年、60勝102敗でアメリカンリーグ西地区の最下位です。

ここ5年連続で負け越しています。

そんなチームが(失礼)、これだけの資金があるというのも驚きです!

ホンマかいな?という感情が湧き出てきます…

 

また、今回の契約で何が凄いって、金額もそうですが、7年とか10年という年数もびっくりです!

どんな感じなのでしょうね、10年契約って…

 

日本のプロ野球では3年とか4年で長い契約だなとなります。

金額も、今回のシーガー選手やセミエン選手と比べると、かなり少ないです。

 

日本のプロ野球も、報酬の面で少しでも、メジャーリーグに追い付いていけたらいいですよね。

 

 

まとめ

・メジャーリーグのテキサス・レンジャーズがシーガー選手と10年総額3億2500万ドルで契約

・日本円で約370億5000万円

・レンジャーズはセミエン選手とも7年1億7500万ドルで契約

・レンジャーズはここ5年連続して負け越ししているチーム

 

今回は、MLBメジャーリーグの大型契約のニュースについて調べてみました。

ドジャースの中心選手がとうとう他球団に行ってしまいました。

ドジャースファンは悲しみ、レンジャーズファンはこぞってユニフォームを買いに行くと思われます。

 

中心選手があっさり(?)移籍してしまうのがメジャーリーグらしいのかもしれません。

 

まだまだオフシーズンは始まったばかりです。

他にもFAとなっているスター選手もいます。

どうなるのでしょうか?注目していきたいと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください