中国道のリニューアル工事が始まって約1ヶ月 通行止めが解除まで残り19日!

こんにちは、munejyukaです。

2021年5月19日に始まった中国道のリニューアル工事ですが、工事の開始から約1ヶ月が経過しました。

今回の工事は終日通行止めの区間もあるので、影響が大きかったのではないかと想像します。

 

 

工事終了は6月27日を予定

今回のリニューアル工事は、

 

吹田~池田間を終日通行止め

池田~宝塚間を終日車線規制

 

を実施されておられます。

深夜の通行止めというのはよくあることですが、1ヶ月以上の期間を終日通行止めにするのは珍しいのかなと思います。

この工事は2021年6月27日までを予定されておられます。

ですので、あと10日間くらいです。

 

 

周辺道路はそこまで大渋滞になっていない

この工事の影響で、周辺道路が大渋滞になるのかなと予想していたのですが、実際は、大渋滞は発生していません。

もちろん、出口渋滞とかはあるのですが、10キロとか20キロに及ぶ大渋滞はほとんど発生していません。

皆さんが上手に迂回されておられるのだと思います。

 

あとは、緊急事態宣言が発令されていたからかもしれません。

この工事期間中に、近畿地方の兵庫県、大阪府、京都府に緊急事態宣言が発令されていました。

ですので、外出を控える方が多かったので渋滞の発生も少なかったのかなと思います。

 

まとめ

・中国道のリニューアル工事は始まってから約1ヶ月

・終了予定は、2021年6月27日(日)を予定

・周辺道路はそこまでひどい渋滞は発生していない

 

工事終了まであと約10日間。

緊急事態宣言は6月20日で解除されるとのことですので、もしかしたら、21日以降は状況が変化するかもしれませんね。

 

お互い、安全運転でいきましょう!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください