The production of canned coffee has dropped sharply! The market as a whole continues to decline by double digits every year!

Hello、無類の缶コーヒー好きです、munejyuka。

個人的にちょっと残念なニュースを見つけました

なんでも缶コーヒーの生産量が毎年減り続けているようです!

なってこった!!

どうして生産量が減っているのでしょうか?原因を調べてみました!

そもそも売上げが減っているから

どうして缶コーヒーの生産量が減っているのか?
単純に

缶コーヒーが売れていないから

apparently。

Then、どうして缶コーヒーが売れないのでしょうか?

缶コーヒーが売れなくなった原因3つ!

缶コーヒーが売れなくなった理由は3つあると言われています

・コンビニがドリップ式のコーヒーを販売したから

・ペットボトルのコーヒーが販売され始めたから

・自動販売機の台数が減少

この3つのうち2番目のペットボトルのコーヒーが販売されたというのが個人的にはいちばん影響があるかなと思います

もちろんコンビニコーヒーも影響があると思います
100円で美味しいコーヒーが飲めるようになったわけですから

けれどもペットボトルのコーヒーが販売され始めたので缶コーヒーが売れなくなったと言われています

値段はもちろんペットボトルのコーヒーの方が高いですが量は2.5倍くらいありますからね

缶コーヒーが大好きな私でも車に乗る前に缶コーヒーではなくペットボトルのコーヒーを買うことがあります
特にちょっと長い時間運転するなというときは缶コーヒーではなくペットボトルのコーヒーを買う場合が多いです

どのくらい減ったのか?

Then、缶コーヒーはどのくらい減ったのでしょうか?

データを見てみましょう

2010年 182万キロリットル

2019年 105万キロリットル

もの凄い減り方!!

2019年は2010年の約6割弱ですって、Wife! !

びっくりしますねここまで減っているとは…

私は缶コーヒーが好きでよく飲むので実感はありません

今度まわりの人たちに以前より缶コーヒーを飲まなくなったか聞いてみたいと思います

2020年は新型コロナウイルスの影響で外出する機会が減っていますのでもしかしたら2020年は更に缶コーヒーが売れていないのかもしれませんね…

Summary

・ここ数年缶コーヒーの売り上げが毎年2桁減

・ペットボトルのコーヒーに鞍替えされたと思われる

・2019年の生産量は2010年の約6割弱

缶コーヒーの市場が年々減ってきているとのことです

缶コーヒー好きな私にとってはかなり残念なニュースです

プシュ!っと開けて飲むあの味はめちゃくちゃ美味しいです!

これからも美味しい缶コーヒーを販売し続けて欲しいと思います!!

Please read to the end、ありがとうございます!

※UCCさんの缶コーヒー好きですねぇ~

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.