今更ですがストレスとは?そもそもストレスって何?

こんにちは、munejyukaです。

今更なのですが、

ストレス

って何なのでしょうか?

もちろん、今まで何回も聞いたことがあります。

それでも説明してと言われたらきちんと説明できるかな?と思いました。

そこで、今回はストレスについて調べてみました。

 

ストレスという用語は、もともと物理学の分野で使われいた

そもそもストレスという用語は物理学の分野で使われていたものだそうです。

その物理学での定義は、

物体の外部からかけられた圧力によって歪みが生じた状態

というものだそうです。

ストレスを風船に例えると、

風船を指で押さえる力を

ストレッサー

といいます。

ストレッサーによって風船が歪んだ状態を

ストレス

といいます。

ここから派生したと思われるのですが、医学や心理学の領域では、

こころや体にかかる外部からの刺激をストレッサー

とし、

ストレッサーに適応しようとして、こころや体に生じたさまざまな反応をストレス反応

と呼ぶようになりました。

 

こころや体に影響を及ぼすストレッサーには何がある?

それでは、私たちのこころや体に影響を及ぼすストレッサーにはどのようなものがあるのでしょうか?

調べてみると3つありました。

・物理的ストレッサー(暑さや寒さ、騒音や混雑など)

・化学的ストレッサー(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素など)

・心理・社会的ストレッサー(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)

普段、私たちがストレスと言っているものの多くは、この3つのうちで、心理・社会的ストレッサーのことを指しています。

職場や会社での仕事や対人関係がストレッサーになっているものと思われます。

この話しを聞いて、社会人の方でしたらなるほどねとなる方も多いのではないでしょうか。

 

ストレッサーによって引き起こされるストレス反応とは?

上に書いた3つのストレッサーによって引き起こされるストレス反応にはどういったものがあるのでしょうか。

・心理面(活気の低下、イライラ、不安、抑うつ等)

・身体面(頭痛、肩こり、動悸、息切れ、食欲低下、不眠等)

・行動面(飲酒量、喫煙量、ヒヤリハットの増加等)

の3つに分けることができます。

社会人の方でしたら、言われてみればそうだよねとなられる方も多いのではないでしょうか。

 

ストレス反応を回避するには?

それでは、このストレス反応を受けてしまったら、どのようにして開放すればいいのでしょうか?

対策としては、

・好きなことや熱中出来ることをやる

・家族や友人と話しをする

・声を出して笑う

・睡眠と休息をしっかりとる

等があげられます。

そこまで難しい内容ではないので、できるところから始めていけばいいですね。

 

それでもどうにもならない場合は、精神科や心療内科で受診するのもいいかと思います。

こんなことで病院に行くの?なんてためらってはいけないと思います。

 

まとめ

以前にトマトだったでしょうか、トマトにストレスを与えると、甘みが増すなんてことを聞いたことがあります。

普通の味ではなく、いわばトマトらしからぬ味になるということですね。

冷静に考えると恐い話しですね。

人間もストレッサーを受け続けると、ストレス反応を起こしてしまいます。

トマトのようにならないためにも、このような知識をもっておくことは大切なんじゃないかなと思います。

体だけではなく、精神面も健康でいたいですね!

以上です!

 

※アマゾンさんの評価が高そうなので、買って読んでみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください