自分が好きなことをしていると疲れにくいし、心地いい疲れとなる

こんにちは、munejyukaです。

仕事やその他のことでも、自分が好きなことをしていると疲れにくいと感じませんか?

疲れたとしても、それは心地いい疲れといえるのではないでしょうか。

仕事でも、この内容が当てはまるのか?少し考えていきたいと思います。

自分の好きなことをしているあいだは疲れにくい

自分の好きなこと、例えば

時間を忘れてゲームに没頭している

とか、

友だちと電話で2時間も話していた

ということをしているあいだは、疲れにくいと感じることが多いです。
ストレスがない状態だからなのかもしれません。

人の悪口ばかりを聞いている電話を2時間もしていると、電話をきったあとはかなり疲弊すると思われます。

 

仕事だとどうでしょうか?

嫌々やる仕事はなかなか前にすすまないですし、もっと言えば、手をつけるのも後回しになってしまうということもあるでしょう。

後回しになる→手を付けるのが遅くなる→時間がかかってしまい、周りの人に迷惑がかかる

という悪循環になってしまいます。

対策としては、そうならないような環境をつくる必要があります。

いちばんステキなのは、

その仕事内容が得意な人にお願いする

だと思いますが、なかなかそう簡単にはいかないと思います。

そんな時は、

気合い入れて取り組むしかない

です。誰もやってくれないのであれば、自分でやるしかないので。

自ら、

これをやり終えたらご褒美に〇〇でも買おう!

くらいの状況をつくって、えいやっ!で取り組むというのはいかがでしょうか??

 

自分の好きなことをしたあとの疲れは心地いい

自分の好きなことをしたあとでも、さすがに長時間取り組んでいると疲れてきます。

その時の疲労感というのはどうでしょう?
いつもとは違う疲労感ではないでしょうか?

自分から前向きに取り組んだ末の疲労感は、かなり心地いいものとなっているはずです。

そう感じたら、すぐにまたやろうと前向きになれると思います。

好循環とはこういうことなのでしょう。

仕事でも、出来るだけ自分が好きなこと、興味のあることに携わることがいいと思います。

仕事だからと割り切ってしまえば、好きも嫌いもないのですが、
それだとどうしても長続きしません。

しかも精神衛生上、よくないことです。

あれこれとトライしているうちに、

これならもうちょっと続けてできるかな?

というものに巡りあえるものだと思います。

 

まとめ

生きている内で、全て自分の好きなことだけしてというわけにはいきません。

やる必要があることは、好きとか嫌いとかいうことではなく、やる価値があるならばやらなければいけません。

ただ、自分の好きなこと、ちょっとでも興味があることをすることで、すすんで取り組もうという意欲が湧いてくると思います。

このことを頭におきながら、日常生活を送っていきたいと思います。

お互いに、頑張りましょう!!

 

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください