まだまだ辛抱だ!Jリーグの観戦入場者数の上限制限を8月末まで継続!~2020年7月27日

こんにちは、munejyukaです。

どうも落ち着きませんね。Jリーグは今日、2020年7月24日に観戦入場者数の上限を今月いっぱいまで継続することに決めたと発表しました。

残念ですが、こればっかりは仕方ないですかね。

8月末まで観戦者数は上限5000人

当初は8月1日から5000人の上限を取り払って収容人数の50%までの入場を認める方針だったようですが、7月20日にこれを8月10日まで継続することになっていました。

そして今日、さらに延長します!となり、8月末までこの条件を継続すると決定されたようです。

 

新たに選手の感染も判明したのも影響したか?

名古屋グランパスエイトの選手が感染したのが新たに発表されました。その影響で、昨日予定されていた名古屋と広島の試合が中止になりました。

そこまでやらなくてもと少し思いましたが、運営側としてはなかなかGOとは言えないのでしょう。

 

上限5000人という条件で試合を観に行けるのか?

上限5000人ということですが、実際、観に行くことは可能なのでしょうか。ほとんどのチームはファンクラブ会員に先行で販売して、残ったぶんを一般販売にまわしているというところが多いようです。

ですので、ファンクラブ会員の方は比較的チケットが入手しやすい状態といえるのではないでしょうか。

J2やJ3では会場の収容人数の50%という条件の方が当てはまることが多いので、余程のことがない限りチケットを購入する確率は高いのではないでしょうか。
ですので、あとは本人次第というところでしょうか…

ちらっとですが、試合のダイジェストを見てみると、観ている人は座席をあけて座っておられるので、感染リスクはかなり低いのではないかと思われます。

1日も早く昨シーズンのようなスタイルに戻ることを祈りたいですね!

 

観戦の相棒に是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください