東京オリンピックの開会式は2021年7月23日!競技は開会式前の7月21日からスタート!なぜ??

こんにちは、munejyukaです。

いよいよ始まります、東京オリンピック2020。

延期が決まって1年。早かったような長かったような。

 

そんな中、開会式が2021年7月23日に行われます。本来であれば、ワイワイ騒いで開会式を迎えたかったのですが、こればっかりは仕方ありませんね。

 

 

開会式前に始まる競技がある!なぜ?

開会式に先立ってスタートする競技があります。

 

女子サッカー

ソフトボール

男子サッカー

 

です。

開会式という名前からすると、開会式が全ての競技のいちばん最初というイメージがありますが、実際は競技が先に始まる日程となっています。

 

 

なぜ、開会式前に競技が始まるのか?

では、なぜ、開会式前に競技が始まるのか?

オリンピックは日程が約3週間で、ギュっとタイトに詰まっています。

閉会式が8月8日なので、それまでに競技を終えるとなると、日程を前倒しにする必要があるからです。

 

特にサッカーは毎日試合すると選手の負担が大きくなりますので、試合間隔が必要になります。

そのため、開会式前に競技が始まるということになっています。

 

このような措置をとっても、サッカーは中2日とか3日で試合をこなさないといけないスケジュールになっています。

 

 

まとめ

・東京オリンピックの開会式は2021年7月23日

・競技は7月21日にソフトボール、女子サッカーが始まる

・試合毎の間隔を取る必要があるので、開会式前に始める必要がある

 

オリンピックは今回の東京に限らず、開会式から閉会式までの期間が短いです。

ですので、沢山の試合をこなす競技は凄くハードな日程になってしまいます。

 

それを少しでも回避するために、開会式よりも早く始まる競技が出てきてしまいます。

選手の皆さんにはいい状態で試合に挑んで欲しいので、こういった措置はいいのかなと思います!

選手の皆さん、頑張ってください!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

※たまにはキャッチボールもいいかもです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください