缶コーヒーの生産量が激減!市場全体で毎年2桁減が続いている!

こんにちは、無類の缶コーヒー好きです、munejyukaです。

個人的にちょっと残念なニュースを見つけました。

なんでも、缶コーヒーの生産量が毎年減り続けているようです!

なってこった!!

どうして生産量が減っているのでしょうか?原因を調べてみました!

 

 

そもそも売上げが減っているから

どうして缶コーヒーの生産量が減っているのか?
単純に、

缶コーヒーが売れていないから

とのことです。

では、どうして缶コーヒーが売れないのでしょうか?

 

 

 

缶コーヒーが売れなくなった原因3つ!

缶コーヒーが売れなくなった理由は3つあると言われています。

 

・コンビニがドリップ式のコーヒーを販売したから

・ペットボトルのコーヒーが販売され始めたから

・自動販売機の台数が減少

 

この3つのうち、2番目のペットボトルのコーヒーが販売されたというのが、個人的にはいちばん影響があるかなと思います。

もちろん、コンビニコーヒーも影響があると思います。
100円で美味しいコーヒーが飲めるようになったわけですから。

けれども、ペットボトルのコーヒーが販売され始めたので、缶コーヒーが売れなくなったと言われています。

値段はもちろんペットボトルのコーヒーの方が高いですが、量は2.5倍くらいありますからね。

缶コーヒーが大好きな私でも、車に乗る前に缶コーヒーではなく、ペットボトルのコーヒーを買うことがあります。
特に、ちょっと長い時間運転するなというときは、缶コーヒーではなく、ペットボトルのコーヒーを買う場合が多いです。

 

 

どのくらい減ったのか?

では、缶コーヒーはどのくらい減ったのでしょうか?

データを見てみましょう。

 

2010年 182万キロリットル

2019年 105万キロリットル

 

もの凄い減り方!!

2019年は2010年の約6割弱ですって、奥さん!!

びっくりしますね。ここまで減っているとは…

 

私は缶コーヒーが好きで、よく飲むので実感はありません。

今度まわりの人たちに、以前より缶コーヒーを飲まなくなったか聞いてみたいと思います。

 

2020年は、新型コロナウイルスの影響で外出する機会が減っていますので、もしかしたら2020年は更に缶コーヒーが売れていないのかもしれませんね…

 

まとめ

・ここ数年缶コーヒーの売り上げが毎年2桁減

・ペットボトルのコーヒーに鞍替えされたと思われる

・2019年の生産量は2010年の約6割弱

 

缶コーヒーの市場が年々減ってきているとのことです。

缶コーヒー好きな私にとってはかなり残念なニュースです。

 

プシュ!っと開けて飲むあの味は、めちゃくちゃ美味しいです!

これからも、美味しい缶コーヒーを販売し続けて欲しいと思います!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

※UCCさんの缶コーヒー、好きですねぇ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください