2021年4月5日から大阪市で「まん延防止等重点措置」が適用 期間は1ヶ月の予定

こんにちは、munejyukaです。

緊急事態宣言が解除されたのですが、大阪府で感染者が増えているとのことで、政府は更に追加措置をとることを決めました。

その名も、

まん延防止等重点措置

です。

いったいどのようなものなのでしょうか?

最低限だけでも知っておいた方がいいのかなと思いましたので、調べてみました。

 

 

「まん延防止等重点措置」は新型コロナウイルス対策の特別措置法で新設されたもの

まん延防止等重点措置は新型コロナウイルス対策の特別措置法として新設されたものだそうです。

まん延防止等重点措置なんて今まで聞いたことがなかったですもんね。

昨年の2020年4月7日に第1回目の緊急事態宣言が発令されました。

そこから約1年。

色々とあります…

 

 

で、いったい、まん延防止等重点措置とは?

この、聞きなれないまん延防止等重点措置とはどういうものなのでしょうか?

調べてみると、緊急事態宣言は都道府県単位が対象となるのに対して、まん延防止等重点措置は市町村単位や一部地域というくくりで発令することができるものだそうです。

受け取り方としては、緊急事態宣言の一歩手前というところでしょうか。

こういう措置が発令されることによって、皆さんの行動が少しでも控え目になればというところでしょうか。

 

まとめ

新型コロナウイルス対策のワクチンも医療機関にお勤めの方から優先的に接種が始まっています。

なんとか感染が拡大しないようにと願うばかりでございます。

この「まん延防止等重点措置」も一助になればと思います!

なんとか収束するようにと祈るばかりです!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください