インフルエンザの感染者数が減少!過去5年間ではぶっちぎりで最小!

こんにちは、munejyukaです。

新型コロナウイルスの話しはまだ毎日のうように出ています。

この時期は普段ならインフルエンザの話題になっているのですが、今年は全く出てきていません。

感染者数が例年より少ないとのことです。

どれくらい少ないのか気になったので調べてみました。

 

8月31日から1月24日までの21週間で793人

厚生労働省のデータがあったので紹介します。

2021/21年シーズンの8月31日から1月24日までの21週間の累積患者数は、全国で793人だったとのことです。

同期間における過去5年間の平均患者数は約68.5万人。

今シーズンは例年の0.12%程度とのことです。

かなり少ないですね。

どうして今シーズンはインフルエンザの患者数が減っているのでしょうか?

 

 

新型コロナウイルス対策がインフルエンザ予防対策に繋がっている

今まで何年もインフルエンザが流行していたのに、今年に限って患者数が減ったのは何が原因なのでしょうか?

やっぱり(?)新型コロナウイルス対策でマスクや手洗いをしているからと考えられているようです。

確実なことは言えませんが、恐らくそうなんでしょう。

そう考えると、インフルエンザの感染力は新型コロナウイルスと比べたらかなり感染力が低いといえるのではないでしょうか。

マスクや手洗いをしているにもかかわらず、新型コロナウイルスに感染した患者数は減っていませんので。

ウイルスによって色々だということですね。

 

まとめ

今年はインフルエンザの患者数が例年に比べて少ないという内容でした。

しかもちょっとだけ少ないということではなく、極端に少ないということです。

例年のピークは1月下旬から2月中旬までとのことですので、これから増える可能性もあります。

それでも例年と同じ患者数になるとは考えにくいのではないでしょうか。

まだまだ気温が低い日が続きます。

新型コロナウイルス対策、インフルエンザ対策をきちんと実行していけたらと思います。

日本国内でもワクチン接種が始まるとのことです。何とかこれで少しでも収束の方向へすすんでいくことを祈るばかりです!

 

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください