ペットボトルのキャップとラベルを外して分別する理由はコレです!

こんにちは、munejyukaです。

今や、日常生活においてかかせないペットボトル。

このペットボトルはリサイクルとして使用できるように、回収する努力をされておられます。

それではなぜ、

ペットボトルを回収する時に、キャップとラベルを外してください

と言われるのでしょうか?同じプラスチックだから一緒でいいのでは?という疑問をもたれている方もおられると思います。

今回は、ペットボトルのキャップとラベルを外してくださいと言われる理由について説明したいと思います

 

ペットボトルの構成

最初に、ペットボトルの構成を確認しておきたいと思います。

ペットボトルは本体、キャップ&リング、ラベルとに分かれます。

調べてみると、各部品ごとにそれぞれ材質が違うということがわかりました。

以下、その部品ごとの材質を紹介します。

・本体:PET樹脂(ポリエチレンテレフタレート)

・キャップ&リング:PP(ポリプロピレン)

・ラベル:PS(ポリスチレン)

全部同じ”プラスチック”というくくりだとは思うのですが、実際は違う材料から作られているということがわかります。

 

主にリサイクルされているのが本体

回収してリサイクルしているのは主に本体の部分です。

本体を回収して、再利用しているというのが現状のようです。

”この商品はペットボトルを再利用してつくられています”

というような書かれかたをした衣料を時々見かけますよね。

ですので、本体:PET樹脂をリサイクルするために、キャップとラベルを外してくださいとお願いしている理由は、

リサイクルする際に、他の材質のものが混ざっていると、上手く再利用出来ないから

です。

他の材質のものが混ざっていると、不純物となってしまうからです。

理由がわかると捨てる時に分別しようかなとなりますよね。
これからもきっちりキャップを外してゴミ出ししていきたいと思います。

一緒にラベルも取りましょうね!

 

 

キャップの下に付いているリングは外さなくていいのか?

そしたら、キャップの下に付いているリングは外さなくていいのでしょうか?

あれは取りにくいですよね…

少し調べてみたところ、本音は取ったほうがいいみたいですが、そこまですると面倒だなとなってリサイクルに協力する人が減ってしまう恐れがあるとのことでそこまではリクエストしておられないようです。

あのキャップの下のリングを取ってから捨ててくださいとなったらかなり手間ですよね。
というか、素手では取れないですから…

ですので、キャップの下のリングはリサイクルされる業者さんが取り外ししておられるようです。

 

まとめ

日常生活においてよく使われているペットボトル。

ペットボトルを普通のゴミとして出すのではなく、スーパー等のペットボトル回収ボックスに持っていくのは簡単なエコ活動のひとつといえます。

これからも継続してキャップとラベルを外して、リサイクルに貢献していきたいと思います。

出来る範囲でいいと思いますので、皆さんも是非!!

 

※最近、ラベルのない商品も発売されています。こういうのもいいですよね。

munejyuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください